行楽シーズンの「お役立ち育児アプリ」

2014.04.11up
 

今年もGWが近づいてきた。帰省や旅行で長時間の移動中、子供がぐずることもあれば、外出先で想定外のトラブルに遭うこともある。パパ・ママの心配は尽きないはずだ。そこで今回は、行楽シーズンの不安を軽減する「お役立ち育児アプリ」を集めてみた。

我が子を可愛くデコレートする簡単画像加工アプリ
フルット・カワールFREE
■価格:無料
■URL http://www.pripri-marron.jp/kawar/pc/index.html

写真を撮ってただ振るだけで遊べる簡単アプリ。一振り、二振り、三振りとスマホを動かすと…顔にメガネが!ヒゲが!サングラスが! アプリに顔を認識させるところはちょっと難しいのでパパやママのフォローが必要だが、あとは子供にスマホを振らせるだけでOK。移動中にぐずっている子も、次々に変わる顔を見てニッコニッコになるだろう。

screen480x480 (1)    screen480x480 (2)    screen480x480 (3)    screen480x480

images  グーグル

お絵描きアプリで我が家のピカソを英才教育!
さわって生まれる! 動くお絵かきフリー (幼児用)
■価格:無料
■URL http://edu.atech.jp/

お絵かきが好きな子供には、知育アプリ『さわって生まれる! 動くお絵かきフリー (幼児用)』がオススメだ。画面を指でタッチしたり撫でたりすると、触れたところから毛虫やテントウムシ、トンボなどの虫が生まれて動き出す。画面を長押しするとお菓子が現れ、それを食べた生き物が大きくなるなど、子供が喜ぶギミックがたくさん詰まっているので、飽きずに遊んでくれるはずだ。

screen568x568 (1)      screen568x568 (2)      screen568x568 (3)      screen568x568

images  グーグル

世界中の”鉄板泣き止ませ音” を一堂に集結!
BabyTune
■価格:無料
■URL http://www.babycome.ne.jp/like/babytune/ipn/

外出先でどうしても子供が泣き止まないとき、最終手段として試してほしいのが『BabyTune』だ。自分の子供向けにオリジナルの泣き止み音を作ったり、他のユーザーが作った音を聴いたりすることもできる。世界中から集まる泣き止み音はとても興味深い。我が子が泣き止む音や、思わず聴き入ってしまう音を作り出すのも、なかなかに楽しい作業である。

screen568x568 (1)     screen568x568 (2)     screen568x568 (3)     screen568x568

images 

外出先の”もしも”を助けてくれる緊急対策アプリ
病院チェッカー
■価格:無料
■URL http://www.agoop.co.jp/agLife/HospitalChecker.html

子供が旅先で熱を出すというのはよくある話である。最寄りの病院をすぐに見つけたいときは、『病院チェッカー』をぜひ活用してほしい。アプリを起動させるだけで、近くの病院を検索できるお役立ちアイテムだ。地図の画面を移動させるだけで、離れた場所の病院検索もできる。何かあったときのために持っておいてソンはないだろう。

screen568x568 (1)      screen568x568 (2)      screen568x568 (3)      screen568x568

images

イクメンなら最低限知っておくべき基礎知識が満載
救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ
■価格:無料
■URL http://www.c2inc.co.jp/service3.html

我が子の突然のケガや体調不良のとき、あなたは冷静に対処できるだろうか? 万が一に備えて、けが・事故の応急手当、心肺蘇生法、止血法などを知っておきたいところ。『救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ』には、病院へ行く前の予備知識として役立つ情報が詰め込まれている。行楽シーズンだけではなく、普段から持ち歩いたほうがいいかもしれない。

10187825-1368331276546   jp.co.c2inc.medicallite.first_ss02_VM1P   unnamed

グーグル

Text >> TAKESHI TOYAMA

(2014.04.15up)

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正