注目キーワード

基礎知識

子供にフルーツと野菜を食べてもらう方法

食を通じた子供の様々な発見や経験は、親である私たち次第で決まる。栄養たっぷりの食事を与えるだけでなく、見本となる食生活を示す必要があるのだ。しかし、多忙すぎると十分な時間が取れず、子供がちゃんと野菜を取っているかなんて気にかけられなくなってしまう。

前記事:これで解決!子供の野菜&果物嫌いをなくす9つの秘訣

ThinkstockPhotos-178770054

 

秘訣5 手作りケーキやスイーツを楽しもう

手作りスイーツはいいことばかりだ。何が入っているかが一目瞭然で安心だし、添加物もない。そしてなにより、子供はケーキが大好きだ。生クリームとイチゴが乗ったスポンジケーキは、子供にフルーツを食べさせる絶好の機会といってもよい。甘いケーキに乗っていたとしても、イチゴはイチゴだ。栄養もたっぷり!

秘訣6 ディップ

ディップすることで、野菜はもっと美味しくなる。子供はすくったりつけたりする行為が大好きだ。ハマスにディップしたキュウリやニンジンスティックを子供は気に入るだろう。

秘訣7 バラエティ豊かに

子供はお腹が空いていると様々なものを口に入れるようになる。午前中や学校から帰宅した後のおやつには、一口サイズのフルーツや野菜スティックを出してみよう。

秘訣8 お手本となろう

子供は親を見て育つ。そのため、常にいい見本になれるよう心がけることが大切だ。あなたが好き嫌いなくフルーツや野菜を食べていれば、子供もそれを真似するだろう。食事に気をつかっている両親を持つ子供は、親と同じように自身の食生活を気にかけるようになる。一方で、好き嫌いが多く食事が偏っている親は、子供に悪い影響を与えてしまうだろう。

秘訣9 スムージーで食事をスムーズに

子供はスムージーが大好き。積極的に家で作ってあげよう。特に暑い日には、凍ったフルーツ(イチゴ、ブラックベリー、ラズベリーなど)をミキサーにかけ、ヨーグルトとハチミツを混ぜれば、インスタントフローズンヨーグルトの出来上がりだ!

他にも、子供に野菜やフルーツを食べさせるための工夫はたくさん。色々な方法を挑戦してみて、子供の好き嫌いを克服だ!

TEXT: Sam Skelding
TRANSLATOR: Ellie Yamashita
2014.3.18UP(FQ UK)
2015.5.28UP(FQ JAPAN)

#1 パパの本当の役割、そばにいることの大切さ
#2 生まれたての赤ちゃんと過ごす最初の7日間
#3 “おはなし”の話
#4 母乳派? それともボトル派?
#5 時代遅れ? 読み聞かせのもたらす効果とは
#6 もう悩まない!赤ちゃんのスキンケア
#7 ママだけじゃない!パパの産後うつのすべて
#8 親子でハッピー ! 2人目の赤ちゃんを迎え入れる準備
#9 子供とのバスタイムをよりハッピーにする10の方法
#10 見た目は平気そうなのに…おねしょ対処法
#11 これで攻略! 子供の「なんで? どうして?
#12 お腹の中の新しい命と「繋がる」前編
#13 お腹の中の新しい命と「繋がる」後編
#14 「自分の時間」を見つける6つの方法
#15 子育て疲れをふっとばす8つの方法
#16 赤ちゃんにとって安全な家とは?
#17 車の旅を快適にする方法
#18 パパのためのおむつ交換ガイド
#19 トイレトレーニング 英国パパたちからのアドバイス(前編)
#20 トイレトレーニング 英国パパたちからのアドバイス(後編)

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. 親子でアウトドアを楽しみ尽くす!コールマン主催の都市型キャンプイベントが開催決定...
  7. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 【1名様に当たる】人気電動歯ブラシ「ソニッケアー」シリーズ最新ヘッド&本体セット...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード