おでかけ

【初めての水泳】プールや海に行く前に準備しておくべき10のこと

赤ちゃんと一緒に泳ぐ事は、絆を深める絶好のチャンス。かつ、成長してからも役に立つスキルを育むいい機会だ。小さいうちから(生後数週間でも!)プールに連れて行く親が増えている今、赤ちゃんの初めての水泳に備えるべき10の事をチェックしよう!

その1
脱ぎ着しやすい服装で

地元のプールに行くにしても、赤ちゃんの服装はTPOに応じて。ゆったりとしたシンプルなベビー服を着せておくと、後で着せるときの手間が省ける。

その2
防水オムツはマスト

特に、トイレのしつけがまだの赤ちゃんならば尚更。普通のオムツではご存じのとおり、ぐんぐん吸収した結果、膨れ上がるだろう。

その3
自分用の上着を持参

プールから出て直ぐに着られる、ガウンなどの上着を準備しておこう。さっとガウンを羽織れば、赤ちゃんを拭いて温かくすることに集中できる。

その4
授乳は一時間以上前に

泳ぐ直前に食べちゃダメ! という話はちょっとした迷信だが、赤ちゃんに関しては、本当の事。プールから嘔吐をすくい上げるなんて事にならないように、覚えておこう。

その5
薬などは前もって準備

乳歯が生え途中の赤ちゃんであれば、ぬり薬などは前もってつけてあげよう。温度調整がされているプールであったとしても、赤ちゃんの体温は下がり、痛みを感じやすくなる状態になるのだ。

その6
赤ちゃん用ウェットスーツがあると更に楽しめる

特にフリース生地のものを購入しておくと、体を冷やさず更に水泳を楽しめるように。

その7
終わったら、すぐにシャワーを

更衣室についたら、すぐにシャワーに直行してプールの塩素を落としてあげよう。また、塩素は肌を乾燥させるためクリームを持参しておけばすぐに保湿してあげられる。

その8
オムツ替えシートでサクサク着替え

例えば水泳スクールに参加したときに、レッスン終わりにオムツ替えの列ができる事もある。その為、携帯できるオムツ替えシートなどを持参しておくと、おむつ交換台で順番を待たずに済むのだ。

その9
お菓子を持参しよう

赤ちゃんと、自分のためにも! 水泳は結構なエネルギーを消化するため、あって損はないはず。

その10
水泳のあとはゆったり過ごそう

水泳の直後は、予定は入れずに! 散々バタバタし終わり疲れ果てた赤ちゃんは、長いお昼寝タイムに入るでしょう。その間は、ゆっくりと自分の時間を楽しんで。


TEXT: Natalie Brown

兄弟誌「FQ UK」より転載

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. 我が子の才能を引き出す10の方法
  5. 子供のケガ応急処置マニュアル
  6. 〈募集終了〉誌面モデル募集!「親子の工場見学ツアー」参加者集まれ!
  7. 仕事のスキルアップも! パパになると得られる「15のメリット」とは?
  8. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  9. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~
  10. パパ必見! 0歳からストライダーに乗れる「ベイビーバンドル」って?

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.48 / ¥500
2018年9月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.46 / ¥0
2018年8月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局