基礎知識

走り方がヘンな子ほど伸びる! かけっこの秘策

運動会シーズン到来! しかし、子供の足が遅い? 走り方がなんだかヘン? もっと足が速くなる方法があるなら知りたい! 足が遅い原因、足の速い子の特徴について、かけっこ教室のジョギングトレーナー山口浩輔氏に話を聞いた。

”走る=脚力”じゃない!
足が遅い原因は全身の使い方

横浜市を中心に子供向けの「かけっこ教室&家庭教師」を運営するジョグスケ代表の山口浩輔氏は、「個人差は当然ありますが、1回のレッスンで50メートル走であれば平均1秒はタイムが上がります。」という。

「足が速い子供と遅い子供の差は、無意識で走った時に、身体が上手に使えているかどうかです。太っていても、靴のサイズが多少合っていなくても、意外と足が速い子供は多くいます。
足が遅い子供は、“走る=脚力”というイメージがあるので、足運びの意識ばかりが強くなり、腕振りと足運びの動きや強さがバラバラになることが多いですね。走ることは全身運動なので、いかに上下の動きをリズムよく揃えられるかで、一歩で進める幅に差が出てきます。」

姿勢は前のめりにしない!
骨盤から上は真っ直ぐに

正しいフォームを身につければ、走り方にヘンな癖がある子供の方が、タイムが伸びるという。しかし、大人の癖はそう変わらないため、子供のうちから見直すのがカギ! 「効率的な動きから始める」ことが大事ということだが、例えばどんなことなのだろうか。

「走りを速くする為には、無駄な動きをなくしていくことが大切です。例えば、姿勢が前のめりになってしまうと、振り上げる脚の可動範囲が狭くなり、身体のバランスが崩れないよう、着地点が身体より前方にいってしまいます。そうなることで、『着地→体重が乗る→蹴る』という流れになるのです。
極端な言い方ですが、走る際は骨盤から上は、地面に対して真っ直ぐな方が、『脚を上に振り上げる→振り上げた反動で地面を強く押す』という、よりシンプルで速い足運びにすることができます。動きをシンプルにすることと、上下の動きを連動させて、繰り返しのトレーニングで動作に慣れることが大切です。」

身体の動きが定着すれば
走ることに得意意識が持てる

一度ついた走り方の癖はすぐには直らないもの。1回レッスンを受けて効果を感じても、いつの間にかフォームが元に戻ってしまっていた……なんてことも。では、正しい走り方が身につくにはどのくらいの期間が必要?

「身体の動きが変わるのには、個人差がありますが、約3ヶ月間と言われています。僕の教室の場合は、その期間に1~2週間に一度ご受講頂けることをお勧めしています。走り方のコツを頭で覚えるのは一回のレッスンでも十分可能ですが、それを身体に定着、癖づけるためには、ある程度の期間が必要なのです。
正しい走り方が身につけば、走る事に対して、得意意識が持てるようになり、『ただ走る』ではなく、どうすればもっと速くなれるか『考えて走る』ようになります。その意識は、今後スポーツをする上で大切な財産となります。今後に活かせることを考えれば、決して長い期間ではないと思います。」

教えるのではなく一緒に考える
親のサポートが不可欠

もし、かけっこ教室やレッスンに子供を通わせることにしたら、親はどのように関わるべきなのか教えてもらった。

「自発的に取り組めるようサポートをしてあげる事が大切です。言葉をしっかりと理解して体現できる3~4歳ごろからトレーニングは出来ますが、鬼ごっこやスタートとゴールを決めてタイムを計ってあげるなど、子供がゲーム感覚で、進んで取り組める機会を作ってあげて欲しいです。決して、練習する事を強要せず、普段の遊びの中でうまく機会を作り、教えるのではなく一緒に考えてあげることが大事なポイントです。」

まとめ

◎脚力よりも全身のバランスが重要

◎前のめりはNG。骨盤から上は真っすぐに

◎親は教えるのではなく、一緒に考えること

この秋は、本気で”かけっこ”に取り組んでみたらいかがだろうか。

監修

jyogusuke代表

山口浩輔 KOUSUKE YAMAGUCHI

日本ライフタイムスポーツ協会公認 ジョギングインストラクター。2012年6月にランニングwebサイト「jogsuke」を開設。イベントや教室、外部講師など横浜市を拠点に日々、多くのランナーの指導に当たっている。
HP:横浜ランニング教室|ランニングフォーム改善のジョグスケ


Text » MANAMI MISUMI

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 ママキッズフェスタ2017 in OSAKA 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. キッズモデル募集!(10月下旬~11月上旬撮影)
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. 人気企画「キッズヘア・コレクション」をまとめてチェック! キッズヘア・カタログ
  5. 厳選! 動画で残したい子供の行事・成長カレンダー
  6. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~
  7. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  8. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  9. 10/14開催「ベビー&キッズファッションコンテスト」結果発表
  10. 肩と腰が楽すぎる! 新発想のヒップシートキャリア

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.44 / ¥300
2017年9月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.42 / ¥0
2017年9月4日発行

お詫びと訂正

ママキッズフェスタ2017 in OSAKA 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局