注目キーワード

インタビュー

呪われた現代の父親たち。 スーパーマンであれ!という重圧からの解放:小島慶子

ペアレンティングアワード2019文化人部門を受賞された小島慶子さん。彼女のカッコイイ生き方や考え方は、一体どこからくるのか?今回は、「肩書きを生き方と同一視するのはそろそろやめませんか?」をテーマに、お話を伺った。

「男性はこうあるべき」という
思い込みを外すことに成功

編集部:小島さんは現在、オーストラリアのパースに移住して6年経ち、2人の息子さんたちは16歳と14歳です。”大黒柱マザー”として日本に出稼ぎにきて、旦那さんは現在”専業主夫”。旦那さんが「仕事を辞めたい」と言った時、最初にどう思われましたか?

小島:夫はそのとき47歳。25年近くテレビ業界で忙しく働いてきて、「一度、人生の風景をよく見てみたい」「ちょっとリセットしてみたい」と言いました。夫はそれまで人知れず悩んでいたようで、ちょっと痩せたなとは思っていましたが、まさかそこまで深く悩んでいるとはまったく気づきませんでした。私、相当な鈍感ですね(笑)。

私が会社をやめてフリーになるとき夫は、妻が無収入になるリスク込みで「応援するよ」と言ってくれましたから、私がその申し出を断るのはフェアじゃない、今度は私が応援する番、よし、頑張るぞ! と。

大人の態度を取ったものの、その後「人はこんなに混乱するのか!?」というくらい、ものすごいパニックに陥りました。

編集部:でも、小島さんは「人生は一度きり。生きたいように生きればいい」と旦那さんが無職になることを最終的には応援しました。

小島:もちろん彼の気持ちはわかりすぎるほどわかっていましたが、「働かない男の人と結婚している自分」はかなり想定外でした。自分がこんなに狭量な人間だなんて知りたくなかった。それはそれはしんどかったですが、私は数年かけて、男性に抱いていた「こうあるべき」という強い思い込みを外そうと※1したんです。

 

123

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. 【参加者募集】料理研究家 コウケンテツ直伝! 親子お弁当づくり体験会
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード