時事・コラム

0歳から始める子もいるって本当!? 幼児教育と習いごとの選び方

幼児教育はいつから始める? どんな習いごとを選ぶべき? 子育て中のパパ・ママにが気になる幼児教育に関する、先輩ママたちの声をご紹介! 子供に最適な教育について、夫婦で考えてみよう。

子供の可能性を拡げたい!
現代ママが考える「幼児教育」

早いうちから子供の隠れた才能を見つけたい、社会性を身に着けさせたい、心身を鍛えたい……こんな風に考える親は多い。そして、その手段として選ばれるのが、知育・運動教室などを含む「幼児教育」だ。

また、今後は小学校における英語やプログラミング教育の本格化が進むと予測され、幼児教育への関心がさらに高まっていくだろう。



そこで今回は、幼児教育に関するアンケートの調査結果をご紹介。幼児教育に興味があるママ・パパはきっと参考になるはずだ。

幼児教育を行う
理由と目的は?

ママのための情報アプリ「ママリ」を運営するコネヒト株式会社が、子供が1人以上いるユーザー2,417名を対象に「幼児教育についての調査」を実施した。幼児教育に関する、ママのリアルな意見を見てみよう。

5人1人が「0歳から」スタート

まず、「幼児教育サービスに興味はあるか」という質問をしたところ、「興味がある」と答えた人は7割以上。

また、「0歳の子供に幼児教育サービスを利用したことがあるか」という質問に対しては、18%の人が「ある」と回答。およそ5人に1人のママが、子供が0歳のうちから幼児教育サービスを始めているようだ。

0歳児からの早期教育は、初めての育児に悩むママにとって”子育てを学ぶためのツール”としても活用できるため、関心が高くなっていると推測できる。

幼児教育に興味を持った理由は?

続いて「幼児教育に興味を持った理由」については、「子供の成長・発達にいい効果がありそう」と答えたママが8割以上。子供の将来にプラスに働くものとして、多くのママが期待を寄せているようだ。

幼児教育の目的は「心と脳の発達」

最後に「幼児教育に求める効果」を聞いたところ、「心の発達(48.4%)」「脳の発達(45.8%)」がほぼ対等な割合に。

子供の健やかな成長を願うのはもちろん、それにプラスして「子供の才能を伸ばしたい」「可能性を拡げたい」という思いがあることから、子供に幼児教育を受けさせるママが多いようだ。

12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!...
  2. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  3. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  4. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  5. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  6. 出産に立ち会う際、父親が覚悟すべきこととは?
  7. 妊娠発覚後の仕事はどうする? 会社への報告や辞めるタイミングは?
  8. 1日集中トイレトレーニング【準備編】
  9. 1日集中トイレトレーニング【実践編】
  10. つわりにはビタミンB6が効く? 妊娠中に必要な栄養とサプリメント

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.51 / ¥500
2019年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

vol.49 / ¥0
2019年5月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局