> Hama-House FQ JAPAN VOL.11より転載" /> > Hama-House FQ JAPAN VOL.11より転載" />

注目キーワード

基礎知識

おやつは与えてもOK? 我が子のデンタルケア実践講座~トラブル編~

0歳からの歯育は、毎日の積み重ねが大切。でも、子供が大好きな甘いものは虫歯の原因になるし、生えたばかりの歯は柔らかくて弱い。そこで今回は、パパが子供のために知っておきたいおやつの与え方やトラブルへの対処法をご紹介。

おやつ編

虫歯の原因は、歯についたプラーク。このプラークを作るのは”糖分”だけなのだ。これをふまえ、おやつの与え方には十分気をつけたい。



おやつの食べ方

おやつを食べること自体に問題はない。胃が小さく、3度の食事で十分に栄養を摂取できない赤ちゃんにとって、おやつは大事な栄養の補給源。一番やってはいけないことは、いつまでもだらだらとおやつを食べること。1日2回、時間を決めて食べるのが理想。

キシリトールについて

キシリトールは、虫歯を予防するというだけでなく、虫歯菌を減らす働きも持っている甘味料。電車内などで、むずがる赤ちゃんに与えるなら、クッキーやチョコレートではなく、できるだけキシリトール配合のタブレットにしよう!

トラブル編

生えたばかりの歯は、まだ柔らかくて弱い。もしトラブルが起きたときのために、かかりつけの小児歯科医がいると安心だ。

歯ならびについて

あごの形が決まるのは、早くて3歳以降。もし、遺伝などで受け口や出っ歯になるのが心配ならば、早いうちの処置が必要。治療には、時間がかかる場合が多いので専門の歯科医師と一緒に最適な方法を相談しよう。

歯をぶつけたら

よちよち歩きを始めた赤ちゃんに多いのが、転んだり、よろけた拍子にテーブルに歯をぶつける事故。ちょっと驚きなのだが、歯も強くぶつけると、皮膚と同じように内出血をおこす。歯が紫色に変色していたら、すぐ病院へ。

PROFILE

【監修】坂部 潤先生

歯学博士(小児歯科学)、小児歯科、小児矯正歯科の専門医。アメリカのUCLA小児矯正科への留学の経験を生かし、小児専門歯科「キッズデンタル」を目黒、成城、麻布に開業。最新の小児歯科医療の提供に勤めている。2児のDAD。


Illustration >> Hama-House

FQ JAPAN VOL.11より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 親子でアウトドアを楽しみ尽くす!コールマン主催の都市型キャンプイベントが開催決定...
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 【1名様に当たる】人気電動歯ブラシ「ソニッケアー」シリーズ最新ヘッド&本体セット...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード