時事・コラム

出産後のママ4人に1人は「愛情が薄れた」夫婦仲を保つポイントとは?

妊娠・出産後は赤ちゃんが最優先になるため、夫婦関係は少なからず変化する。愛情が深まるか薄れるかの違いは、どこにあるのだろう。出産後も夫婦円満を保つコツとは一体?

今年一年、どんな年だった?
夫婦関係を振り返ってみよう

2018年がもうすぐ終わりを迎える。”平成最後”と謳われることが多かったこの一年、あなたは妻とどんなふうに過ごしただろうか? 仲良く過ごすことができた、相変わらずケンカが多かった……様々なことがあったと思うが、年末年始はぜひ、妻と一緒に今年のできごとを振り返ってみてほしい。

今回は、パパの子育てや愛情の変化、夫婦関係を良好に保つコツなどについて、妊娠・出産・育児の情報サイトを運営する株式会社ベビーカレンダーが、864名のママを対象に実施した調査結果をもとに紹介していこう。来年より良い夫婦関係を築いていくために、きっと参考になるはずだ。



子供が生まれてから
夫への愛情が変化したママも

8割のママが「夫は子育てに協力的」と感じている

まず最初に、「夫は子育てにおいて協力的だと感じますか?」と質問したところ、「とても協力的だと思う(33.7%)」「まあ協力的だと思う(47.6%)」となり、合わせて8割以上のママが「夫は子育てに協力的」と回答。その理由は「子供の世話をしてくれるから」が最も多い。

反対に「協力的だと感じていない」ママは約1割。その理由としては「妻が家事・子育てをして当たり前だと思っているから」「自分の時間は取るのに、ママの時間は考えない」「スマホゲームに夢中で手伝ってくれない」などの声が上がった。

4人に1人のママが「出産後に夫への愛情が薄れた」

「妊娠・出産後に夫への愛情は変化したと感じますか?」という質問に対し、「妊娠前も出産後も愛情を感じる」と答えたママが36.7%で最多。次いで「どちらでもない(26.1%)」「出産後に愛情が薄れた(24.4%)」という結果に。約7割は愛情が変わらない、もしくは愛情があると回答したが、4人に1人は愛情が薄れているというのは少し残念だ。

夫への愛情が薄れた理由は「子供が最優先になったから」

また、「自分は産後クライシスに陥っていると感じますか?」という質問には、3割以上のママが「産後クライシスに陥った」と回答。夫への愛情が薄れた主な理由は「子供が最優先になったから(76.4%)」「夫に対しイライラすることが増えたから(72.9%)」など。

一方、「子供という大切な存在のおかげで、喜びや悩みを共有することが増えた」と、夫婦の愛情が増したと感じるママもいるようだ。


12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 国際 ベビー&キッズ EXPO【春】 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供を「本好き」に育てるには? 読書の習慣が身につく5つの方法
  3. これを選べば絶対喜ばれる! 0歳~1歳児向けのおすすめギフト3選
  4. コレ、使ってみたい! 便利でおもしろい「最新育児グッズ」12選
  5. 2019年はコレが流行る! 可愛くて使いやすい「最新ベビーカー11選」
  6. 「立派な父親」になるための5つの方法
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. 今年の注目はコレ! パパ&ママが買いたくなる「最新抱っこ紐」4選
  9. エアバッグも搭載!? 赤ちゃんも安心の「最新チャイルドシート」4選
  10. インフルエンザ、予防できてる? 感染を防ぐ”正しい手洗い”の仕方

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.49 / ¥500
2018年12月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.47 / ¥0
2018.11.30 発行

お詫びと訂正

国際 ベビー&キッズ EXPO【春】 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局