注目キーワード

おでかけ

【春の子連れスポット6選】旅ライターが教える!春のお出かけと場所選びのコツ

赤ちゃんや小さい子連れでのお出かけは場所の選択肢も少なく、不安も多い。ここでは、子連れ旅ライターの中島誠子がパパ・ママが安心してお出かけできるスポットへご案内。施設選びのコツとおすすめのスポットを紹介する。

メイン画像:© Mercis bv

暖かい日こそ気を付けよう
花粉症と朝晩の防寒対策

少しずつ暖かくなり、お出かけ日和も増える春。でも「子どもとどこに行ったらいいのかわからない」というお悩みもつきもの。そんなときは、お花見や季節のイベント、動物園の散策など春を感じられるスポットを探してみて。2024年3月16日に北陸新幹線が延伸予定となり、富山県、福井県までつながります。北陸へ足を伸ばしてみるのもいいですね。

お出かけ先選びには、お子さん向けのイベントを開催している施設や、ウェルカムベビー・キッズの施設を選ぶのもコツ。お子さんが乳幼児の場合は、ベビーカーで移動しやすいスポットを、幼児期の場合は、遊具があり体を動かせるスポットを選んでみて。

春は過ごしやすくなるとはいえ、朝晩は冷えます。体温調節しやすい服装を心がけましょう。また、花粉症のお子さんがいらっしゃる場合は、体調や様子を気にかけてあげて。無理なくお子さんの体調や機嫌に合わせて、家族みんなで春を楽しみましょう。

ハウステンボス

長崎県にある中世ヨーロッパの街並みが再現されたテーマパーク。春は色とりどりのチューリップが楽しめる「100万本のチューリップ祭」や「花の街 ミッフィーセレブレーション」などのイベントが開催される。自然に囲まれたコテージ「フォレストヴィラ」は子ども連れにもおすすめ。


©ハウステンボス/J-21223

DATA


©ハウステンボス/J-21223

住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
TEL:0570-064-110
HP:www.huistenbosch.co.jp
料金:1DAYパスポート 大人7,400円、シニア(65歳以上)5,400円、中・高校生6,400円、小学生4,800円、未就学児3,700円 ※チケットにより料金が異なります
イベント:「100万本のチューリップ祭」2024年2月9日〜4月7日、「花の街 ミッフィーセレブレーション」2024年3月15日〜6月30日

かつやまディノパーク


福井県に位置する、80頭を超える恐竜に出会えるアトラクション施設。「恐竜が棲む森」では、ウォークスルーでまるで恐竜たちのすみかに迷い込んだような興奮と感動を味わえる。恐竜の遊具などが備えられた「ガオガオひろば」や2023年7月に登場した「恐竜迷路」「ヴェロキ館」もお見逃しなく。

DATA

住所:福井県勝山市村岡町寺尾51-11(かつやま恐竜の森内)
TEL:0779-88-8777
HP:www.dinopark.jp
料金:(恐竜が棲む森+恐竜迷路)大人1,000円、3歳〜小学生まで800円、2歳以下無料 ※別途料金がかかる施設あり

となみチューリップフェア


富山・砺波チューリップ公園を中心に開催される、300品種300万本のチューリップが彩る国内最大級の花の祭典。チューリップタワーや大花壇の地上絵、高さ4mのチューリップ回廊は必見。子どもに人気のふわふわドーム、グルメやステージイベントなども楽しめる。

DATA

住所:富山県砺波市花園町1-32(砺波チューリップ公園)
TEL:0763-33-7716
HP:fair.tulipfair.or.jp
料金:大人1,500円、小・中学生200円、未就学児無料
期間:2024年4月23日〜5月5日

界 伊東


伊豆・伊東温泉の名湯を全館源泉かけ流しで堪能できる温泉旅館。ぜいたくにもプールまで源泉で、一年中楽しめる源泉プールはお子様連れに人気だ。金目鯛、伊勢海老、鮑など伊豆の海の幸をいただける会席料理も魅力。伊豆の桜めぐり「桜オープンバスツアー」や伊東の伝統工芸「つるし飾り」で春を感じよう。

DATA


住所:静岡県伊東市岡広町2-21
TEL:050-3134-8092
HP:hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiito
料金:1泊2食大人1人34,000円〜(2名1室) ※3歳以下添い寝無料
イベント:「桜オープンバスツアー」2024年3月23日〜4月7日

鬼怒川温泉ホテル


日本最古のホテル“日光金谷ホテル”をルーツに持つ、栃木・鬼怒川温泉の老舗宿。10種類の湯めぐりが楽しめる温泉や貸切露天風呂の他、石窯オーブンをバックに躍動感あふれる出来たて料理を提供する石窯ダイニング楽炎(らくえん)のブッフェが魅力だ。ブッフェにはお子様コーナーも用意され家族で楽しめる。

DATA

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝545
TEL:0288-77-0025
HP:www.kinugawaonsenhotel.com
料金:1泊2食大人1人20,350円(2名1室) ※2歳以下添い寝無料

アドベンチャーワールド


和歌山県で人気のパンダに会えるテーマパーク。パンダの施設以外にも、陸の動物たちが暮らす「サファリワールド」、海の動物たちが暮らす「マリンワールド」、遊園地「プレイゾーン」など、親子で楽しめる施設が盛りだくさん。可愛い動物デザインのオリジナルベビーカーを借りて園内をお散歩しよう。

DATA

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
TEL:0570-06-4481
HP:www.aws-s.com
料金:大人5,300円、シニア(65歳以上)4,800円、中・高校生、4,300円 、幼児・小学生3,300円、3歳以下無料 ※オリジナルベビーカーは別途料金

NAVIGATION

中島誠子


子連れで旅する3児の母。旅行会社での勤務を経て、現在はフリーの旅ライター。Instagramでは「旅ライターmocoの『おでかけマガジン』」を開設し、お出かけ情報を発信。観光地・企業のPR事業、SNSコンサルも行う。

寒い冬が明けてワクワクの春がやってきますね。少し暖かくなりお出かけ気分も増してきたのではないでしょうか。お花畑や動物園など、春を満喫できるウェルカムベビー・キッズのスポットをご紹介します。お子さんの年齢などに合わせて選んでみてくださいね。

文:中島誠子

FQ JAPAN VOL.70(2024年春号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード