インテリアを自分好みに塗り直せる!
「チョークペイント」って、知ってますか?

2015.06.02up
 

先頃開催された「国際バラとガーデニングショウ2015」で、自分流カスタマイズ大好きなDIYママにおすすめなアイテムを発見! お気に入りの椅子やテーブル、戸棚などのインテリアを、人気のシャビーシックな(※)テイストに、カンタンに塗り替えられる「チョークペイント™」という塗料がそれ。イギリスで生まれたこの素敵な塗料について、イベントのために来日した開発者アニー・スローンさんのインタビューもあわせて紹介する。

※シャビーシック……使い込んだ風合いのアンティーク調家具に、上品な花柄やフリルのファブリックなどをミックスした、クラシックでガーリーなインテリア・テイストのこと。

CP01「チョークペイント™」開発者であるアニー・スローンさんは、大学でアートを学んだ後、室内装飾の会社に就職。当時思い描いていた理想の塗料が市場になかったことから、自分で研究を重ねて、1990年にオリジナルの装飾用塗料を発売するに至ったのだとか。
最大の特徴は、「とても手軽に塗れる上に、すぐに乾く」ということ。これは、開発当時3人の子供を育てていたアニーさんが「時間のない母親でも、大好きな装飾を手軽に楽しめるようにしたい」という想いを反映したもの。発売から25年が経ち、このチョークペイントは柔らかい中間色を中心とした、従来の塗料にはないハイセンスなカラーバリエーションと相まって、アニーさんの母国イギリスで大ブレイクとなり、今や世界中の“ペイント女子”の絶大なる支持を集めているそうだ。
「国際バラとガーデニングショウ2015」会場の特設ステージで開催されたトークショーにも多くのファンが詰めかけ、大盛り上がり。後半には、来場者も参加して実演も披露され、無造作にハケを動かすだけで、あっという間にオリジナルアイテムが仕上がる様子に来場者は皆、目を輝かせていた。

CP0203簡単&手軽に使える万能塗料!

シャビーシックと言われる、独特の古びた風合いや、素材の味を活かしたマットな質感を表現するのに最適な塗料、「チョークペイント™」。名前からつい黒板用の塗料や、チョークそのものを混ぜ込んだようなイメージを持ちがちだが、実際には全く異なり、この世にたったひとつのオリジナル塗料。使い方はとてもシンプルで、普通の塗料と同様に、刷毛に付けて塗るだけ。しかも室内・室外どちらでもOK。さらに使える素材も木材から鉄、プラスチックから硝子や布まで(!)、まさしくオールマイティ。さらに乾くのが早く、いやな臭いもない。
まさに子育て中で時間がないママ(もちろんパパも!)にバッチリフィットする塗料なのだ。

(写真)チョークペイント1L缶 ¥5,000(税別)

 

 


関連する記事

Playtime Tokyo