注目キーワード

時事・コラム

出産後のママ4人に1人は「愛情が薄れた」夫婦仲を保つポイントとは?

妊娠・出産後は赤ちゃんが最優先になるため、夫婦関係は少なからず変化する。愛情が深まるか薄れるかの違いは、どこにあるのだろう。出産後も夫婦円満を保つコツとは一体?

今年一年、どんな年だった?
夫婦関係を振り返ってみよう

2018年がもうすぐ終わりを迎える。”平成最後”と謳われることが多かったこの一年、あなたは妻とどんなふうに過ごしただろうか? 仲良く過ごすことができた、相変わらずケンカが多かった……様々なことがあったと思うが、年末年始はぜひ、妻と一緒に今年のできごとを振り返ってみてほしい。

今回は、パパの子育てや愛情の変化、夫婦関係を良好に保つコツなどについて、妊娠・出産・育児の情報サイトを運営する株式会社ベビーカレンダーが、864名のママを対象に実施した調査結果をもとに紹介していこう。来年より良い夫婦関係を築いていくために、きっと参考になるはずだ。



子供が生まれてから
夫への愛情が変化したママも

8割のママが「夫は子育てに協力的」と感じている

まず最初に、「夫は子育てにおいて協力的だと感じますか?」と質問したところ、「とても協力的だと思う(33.7%)」「まあ協力的だと思う(47.6%)」となり、合わせて8割以上のママが「夫は子育てに協力的」と回答。その理由は「子供の世話をしてくれるから」が最も多い。

反対に「協力的だと感じていない」ママは約1割。その理由としては「妻が家事・子育てをして当たり前だと思っているから」「自分の時間は取るのに、ママの時間は考えない」「スマホゲームに夢中で手伝ってくれない」などの声が上がった。

4人に1人のママが「出産後に夫への愛情が薄れた」

「妊娠・出産後に夫への愛情は変化したと感じますか?」という質問に対し、「妊娠前も出産後も愛情を感じる」と答えたママが36.7%で最多。次いで「どちらでもない(26.1%)」「出産後に愛情が薄れた(24.4%)」という結果に。約7割は愛情が変わらない、もしくは愛情があると回答したが、4人に1人は愛情が薄れているというのは少し残念だ。

夫への愛情が薄れた理由は「子供が最優先になったから」

また、「自分は産後クライシスに陥っていると感じますか?」という質問には、3割以上のママが「産後クライシスに陥った」と回答。夫への愛情が薄れた主な理由は「子供が最優先になったから(76.4%)」「夫に対しイライラすることが増えたから(72.9%)」など。

一方、「子供という大切な存在のおかげで、喜びや悩みを共有することが増えた」と、夫婦の愛情が増したと感じるママもいるようだ。


12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第15回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 子供の写真、どれだけ撮れてる? 7割の親が撮り逃す「家族の成長記録」を残せるカメラとは...
  2. 【急募】ベビー&キッズモデル募集! 12月上旬撮影、トイメーカーHPに出演いただけるお子さんを大募集!...
  3. 【沐浴もOK】愛用歴2年のFQ読者が語る! 重炭酸入浴剤『ベビタブ』の魅力とは?...
  4. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  5. 育児雑誌『FQ JAPAN』最新冬号12/1(木)発売!
  6. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  7. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...
  8. 結婚・妊娠を期に家を建てたい夫婦必見! 失敗しない「マイホーム計画」の進め方とは?...
  9. “クズ”になると幸せな人生はない! 「社会の外」に開かれた能力が失われている...
  10. 意外!? お父さんを好きなのは息子より娘が多い

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.65 | ¥550
2022/12/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.63 | ¥0
2022/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.12 | ¥550
2022/10/15発売

お詫びと訂正

  第15回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局