注目キーワード

時事・コラム

自分以上の子供を育てるには? 法の奴隷、言葉の奴隷からの脱却

父親は永遠にサポーターで終わるのか? 社会学的視点で子育てについて語る、宮台真司の「オトナ社会学」。連載第1回は『「家出」ができる子に育てよう。』法と言葉の奴隷とは何か。『ウンコのおじさん』の著者であり、首都大学東京の宮台真司教授に話を聞いた。【Part2】

前記事を読む!
»【Part1】イクメンはやっぱりファッションだった!? 3児のパパが語る
 

法や言葉の内側が
正しいと思うのはクズ

私は東日本大震災後から3年弱、恋愛系のワークセッションを開きました。損得勘定で動くクソクラスタの連中を改心させられるかとチャレンジしてみましたが、やっぱり駄目でした。自分は間違っているというところまで認識させられても、自分たちは変われません。なぜなら、相手の心を自分に移すということをしたことがないからです。正確にいえば、私のゼミに半年から1年くらい通えば改心できますが、数回のワークショップでは難しい。

その連続のセッションが、今回『ウンコのおじさん』を出版した元になっています。いかに親が自分より立派な子どもを育てられるか。もし同程度かそれ以下しか育てられないのであれば、もうこの社会は終わりです。親がすでに法の奴隷、言葉の奴隷ですから。損得を超えるためには、法の奴隷、言葉の奴隷であることをやめなければいけません。でも、それは単独ではできません。近隣のめぼしい人材を利用して、あるいは利用可能なメディア的なリソースを使う。

私の場合、子どもたちの登校時間に合わせて散歩して、蝋石で地面などにウンコの絵を描き、通学途中の子どもがめちゃくちゃ受ける。今の大人がそうした法外、言外のことを教えてくれる“近所のへんなおじさん”になることを呼びかけるために、この本を出したのです。

親が子を抱え込むとコントロールする、されるの関係になります。コントロールは良くないということを子どもに刷り込もうとすれば、それを何とか伝授しようという微に入り細に入りコントロールしてしまうという逆説的なことが起こります。

12

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  8. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  9. ペットが教育に役立つのは間違い?専門家が語るペットと子育ての本当の関係性...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード