注目キーワード

インタビュー

【ランパード】チェルシーFCの大黒柱を徹底取材

“キャリアのため”から
愛娘に捧げるプレー

今ではイングランド代表、不動のレギュラーとして通算68試合に出場、ヨーロッパのクラブチーム同士が競い合うチャンピオンズリーグにも出場を果たし、すでに父をしのぐ成績を挙げている。お陰で、今はもう”シニアの息子”などとはあまり呼ばれなくなった。

「たしかに僕は、世界的名監督の指導のお陰で、チェルシーですごく成長したと思うんだ。でも、その影にはいつも父がそばにいて見守ってくれている。僕は常にそのことを意識してプレーしてるよ。父には本当に返しきれないほどの恩があるよ」。

現在シニアはウェストハムを離れて久しく、今では練習場で息子と一緒にいることはない。

「さすがに今はもう、一緒にボールを蹴ることはなくなった。でも息子が出場する試合はホームでもアウェーでも、全部の試合に足を運んで楽しんでいる。いまだにキックオフの前には緊張するがね。試合の後は、息子にアドバイスをするんだ。息子の良かったプレー、悪かったプレーを一緒に振り返る。それがいいことかどうかはわからないが、言わずにいられないんだな。もちろん親バカなのはわかっているがね」。

父と息子は今も親密な関係を続け、2人が自分たちのルーツを忘れることはないという。
「息子がもし私と同じウェストハムに入団していなかったら、今の彼はいなかっただろうな。たとえプロになれても、国を代表するプレーヤーにはならなかったはずさ。あの過去が我々を強くした。息子はまだまだ成長する、選手としても、いち人間としてもね、今や、彼自身が父親なんだから」。

現在、ランパード自身も、2歳になるルナちゃんと1歳のイスラちゃん、2人の愛娘をもつ父親である。

「彼女たちは、僕のかけがえのないの宝物だよ。男の子が欲しいかって? たしかに男の子ができたら、サッカーを薦めるだろうけど。今は週の半分をともに過ごす娘との生活が楽しくて仕方ない。できるだけの時間を娘と過ごしてるよ。試合があるかどうかに関係なくね。彼女が朝の6時に起きようが、夜中の3時に起きようが、僕は起きる」。

最後に彼はこう続けた。
「子供ができる前は、全て自分のフットボールのキャリアのためにやってきた。だけど、こうして子供がいる今は、自分が稼ぐ全てのお金、ピッチでのプレーの全ては子供たちのためにあるんだ。これからは僕が娘を見守る番なんだ。僕の父がそうしてくれたようにね」。

PROFILE

プレミアリーグ・チェルシーFC

フランク・ランパード(FRANK LAMPARD)

1978 年6月20 日生まれ。イギリス、ロンドン出身。元イングランド代表のサッカー選手、フランク・ランパード・シニアを父に持つ。1995 年にプレミアリーグ・ウエストハムでキャリアをスタート。2001年からは、チェルシーFCに移籍、無尽蔵のスタミナを生かしたプレーで、今やチームには欠かせない大黒柱として活躍を続ける。イングランド代表では、通算68 試合に出場。現在は2人の娘の父でもある。

franklampard_05

 

FQ JAPAN VOL.11より転載

123

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 住まいづくりのお悩み解決! 『プラス・マイナス 兼光さん はじめての家づくりストーリー』とは...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード