注目キーワード

おでかけ

非認知能力も向上する? 話題のサステナブルなお出かけスポットまとめ

わが子とお出かけするなら、学びのある遊びはいかが? 今回編集部がお届けするのはサステナブルな遊び場。環境に配慮したキャンプ場や最先端の技術に触れられるサーキットなど、話題のスポットを紹介しよう。

TOYLO PARK powered by リトルプラネット

デジタル世界のミニ四駆サーキット

「TOYLO PARK(トイロパーク)」は、「自分の好きが見つかる場」というコンセプトのもとにイトーヨーカドーが2021年から展開する、キッズとファミリー向けのフロア。

この中で、オモチャ売り場と融合した「次世代の遊び場」としてイトーヨーカドーとリトルプラネットが共同で手がける施設が、デジタルキッズパーク「TOYLOPARK powered by リトルプラネット」だ。2021年11月に、グランツリー武蔵小杉に新規オープンした。

目玉は「ミニ四駆」の最新シリーズをテーマにした、国内初の最先端デジタルサーキットだ。他にもAR技術を使った砂場など、次世代の遊びで子供の好奇心を刺激すれば、非認知能力の向上が期待できるかも。

DATA

TOYLO PARK powered by リトルプラネット グランツリー武蔵小杉
利用料金(税込):30分チケット ¥300/大人(18歳以上)、¥600/子供(17歳以下)
問/リトルプラネット
HP:litpla.com/space/toylo_musashikosugi
 

スノーピーク HEADQUARTERS Campfield

環境保護の大切さをキャンプで体感

およそ5万坪の広大な草原で、ゆったりとキャンプを楽しめる施設。天気のいい日には粟ヶ岳や守門岳の美しい姿を臨むことができる。

また、小高い丘の上にあるため周囲の明かりが入り込まず、夜には満天の星空が広がる。冬には草原が一面の銀世界に様変わり。四季を問わず、いつでも大自然を満喫できる絶好のロケーションだ。

キャンプ用品の貸し出しも行っているので、手ぶらで来ても、キャンプ初心者でも、まったく問題なし。

また、スノーピークはキャンプフィールドで使用する電力を太陽光発電や木質バイオマス発電など、CO2排出量ゼロの自然エネルギーに変換を完了しており、自然環境保護に対する意識の高い人にもおすすめだ。

DATA

スノーピーク HEADQUARTERS Campfield
利用料金(税込):キャンプサイト宿泊料 ¥1,650/大人(15歳~)、¥550/子供(3~14歳)、無料/2歳以下
問/スノーピーク
TEL:0256-41-2222
HP:sbs.snowpeak.co.jp


文:加瀬詠希

FQ JAPAN VOL.61(2021年冬号)より転載



関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  8. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  9. ペットが教育に役立つのは間違い?専門家が語るペットと子育ての本当の関係性...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード