注目キーワード

時事・コラム

外出せずに満喫できる! 実践者から学ぶ子供と楽しむ「おうちキャンプ」のコツ&工夫とは?

家にいながらアウトドア気分が味わえる「おうちキャンプ」。庭、テラス、室内などの見慣れた家の空間が、少しの工夫で楽しいキャンプ場に大変身。実践者たちのコツや工夫を一挙公開!

家にあるものを使って
おしゃれテントを設営


週末は、公園でピクニックをするのが恒例だったという、はちさんファミリー。自宅でも楽しみたいと始めたのが、“おうちキャンプ”だ。


テントの内外にラグマットを敷いて、居心地良く

「家にはテントがないので、ベッドの敷きパッドと突っ張り棒、ビニール紐という、どの家庭にもありそうなものを使って、即席テントを作りました。おうちキャンプは、雰囲気づくりが重要。テントをひとつ立てるだけで、グッと雰囲気が出て、盛り上がります」。


レジャーシートを敷いてランチタイム

ピクニックの醍醐味であるランチも、外出時と同じように、バスケットに入れるスタイル。「赤ちゃんのお世話をしやすいよう、サンドウィッチやおにぎり、ホットサンドやワッフルなど、片手で食べられるものを用意しています。ペーパーでオシャレに包むと写真映えもしてオススメです」。


いつもより赤ちゃんと濃密に触れあえて、パパも大満足

PROFILE

はちさん、むぎさん、こむぎちゃん(生後10ヶ月)
Instagram:@mugi9030

本格アウトドア空間に
赤ちゃんも大喜び


テント内にラグやクッションを置き、レイアウトを楽しむ

「もともとキャンプが大好きなので、赤ちゃんも無理なく参加できるおうちキャンプで、“好き”を共有できるのが嬉しい。週末の定番です」と話す川村恭平さん。


ベアボーンズのビーコンライト

室内にキャンプ用のテントを広げ、食事はガスバーナーで用意。部屋の電気を消してLEDランタンを灯せば、本格的なキャンプに。「テントのなかだと子供も気分が盛り上がるのか、普段ならあまり集中して遊ばないおもちゃも、楽しそうに遊んでいます。LEDランタンを使って、テントのなかで影あそびをするのも楽しいですね」。


高さのあるキッチンラックをDIY

子供の安全対策には、自作のキッチンラックが活躍。子供の手が届かない高さの天板で調理をしたり、触ってほしくないものを置いたりと、おうちキャンプの必需品になっているそうだ。


食べこぼし防止、防寒、ラグ代わりにもなるバスタオル

PROFILE

川村恭平さん、佳苗さん、爽和くん(2歳1ヶ月)
Instagram:@kana23e

12

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  4. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  5. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  6. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード