インタビュー

アスリートDADが考える「子供の才能の伸ばし方」

プロボクサー・村田諒太さんと、プロサッカー選手・中村憲剛さん。父親という顔を持ちながら、プロのアスリートとして成功した2人だからこそ考える、「子供の才能の伸ばし方」、子供の背中を押す「親としてのスタンス」について、語り合ってもらった。


――今のスポーツを始めたきっかけを教えてください。
中村 僕がサッカーを始めたのは、小学校1年生の時でした。
村田 Jリーグがない頃ですね。
中村 そう。だから親もプロにしようとかじゃなく、ボールを蹴るのが好きな僕に、「好きなことをやらせたい」という想いからでした。たまたま入ったのが、全国大会にも出場する強豪チームで、次第に僕のサッカー熱も高まっていきました。遠征もしょっちゅうで、両親の応援がなければ今の僕はなかった。
村田 僕の場合は真逆ですよ。中1のときの両親の離婚をきっかけに、悪いグループとつるむようになって、やさぐれていた僕を見兼ねた当時の学校の先生がエネルギーの発散場所にと、ボクシングを勧めてくれたんです。ところが、ボクシングを始めたら、両親がすごく応援してくれるようになって、父親もよくジムに迎えに来てくれました。親の不仲がきっかけで始めたボクシングが、始めたら親からの応援に変わった。お陰でやめずに続けられました。



――プロのアスリートになれる人の共通点って、何だと思いますか?
中村 “負けず嫌い”。プロアスリートは、負けたら死ぬほど悔しがる連中の集まりです。競争心があるから頑張れるし、真剣になればなるほど負けるのが悔しくなる。そこから勝つ喜びを知っていくんですよね。
村田 そもそも、負けず嫌いじゃないとプロになれないんじゃない? 今、社会では「他人と比較しない」みたいな風潮もありますが、僕らプロは他人と比較される職業。現実的に「比較」はあるし、これって否定できないですよね。世の中は競争社会なのに、学校教育では勝ち負けをつけないって、すごく矛盾してますよね。

fq_nmt20160310_02


――子供の競争心を育てるために、親がすべきことは?
村田 子供を否定しないこと。子供は「好き」という気持ちでやるだけですから。
中村 好きなことでなら、自然に競争心は育っていきますね。
村田 好きなものほど負けたくないですからね。
中村 やっぱり親ができることは、「子供の好きを見つけるサポート」しかないですよね。
村田 そうそう! 間違っても親が子供に何かを押し付けたり、「負けるな!」なんて、けしかけるのは良くないですよね。
中村 子供が小さいうちはいくつかレールを用意して、選択肢を広げてあげるのも親の役目。子供がいざレールを歩き始めたら、親は見守りながらサポートしていかないと。親が前に出るのはよくないと思います。
村田 子供の代わりに親がボールを蹴るわけにもいかないし。
中村 しょっちゅう蹴りたくなります!(笑)


――お子様とスポーツをするときや普段の関わり方で心がけていることは?
村田 僕はスポーツ心理学で学んだ「結果ではなく、過程に焦点を合わせる」ということかな。子供に、親の勝手な都合だけで結果を求めるスタンスはとるまい!と決めてます。
中村 たしかに! 村田さん、すごくいいこと言ってる。うちも「子供がまずどうしたいか?」。それを一番大事にして、それに対してサポートするようにしています。
村田 普段は甘やかしてますけど、何でも褒めるってことはしないです。ちょうど昨日、旅館のゲームセンターで、UFOキャッチャーをやったんです。息子は、アメが何もないところを一生懸命すくっていて、僕は思わず「何もないところをすくっても意味ないじゃん」と。結果、アメは1個しか取れなかったんですが、逆に妻は「1個でも取れてすごいね!」と褒めたんです。僕、それってなんか違うなー、と。だって、何でも褒めたら、それ以上良くならないでしょ?
中村 わかる! 僕もきっと村田さんと同じことを言ったと思う! 何をやっても親が喜んでくれると思うと、子供は正しい判断ができなくなっちゃう気がします。完全否定は良くないとは思いますけど。
村田 同じ意見です。チャレンジして失敗するのはいいことですけどね。
中村 そう。子供の目線でいることも大事だけど、ときに大人目線も大事。1個取れることがすごいんだったら、そこがゴールになっちゃう。ママが褒める時もあれば、パパも褒める時もあって、夫婦でちゃんとバランスがとれていればいいんじゃないかな。

まとめ
●競争心は、好きなことをとことんやらせることで芽生えるもの。
●「他人と比較しない」教育は考えもの。子供のうちから勝ち負けを意識させるべし。
●“結果”ではなく“過程”に焦点を合わせるべし。

 

fq_nmt20160310_03【PROFILE】
中村憲剛
KENGO NAKAMURA
1980年生まれ。東京都出身。サッカー・Jリーグ、川崎フロンターレに所属し、チームの中心選手として活躍。日本屈指のゲームメーカーとして、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場した。2005年に結婚。7歳、5歳の2児の父。
fq_nmt20160310_04【PROFILE】
村田諒太
RYOTA MURATA
1986年生まれ。奈良県出身。中学時代にボクシングを始め、高校では5冠を達成。2004年に東洋大学に進学し、全日本選手権で優勝。2012年ロンドンオリンピック、ボクシングミドル級で金メダルを獲得。2013年にプロ転向。その後連勝を重ね、激戦階級とされるミドル級での世界戦が期待される。2010年に結婚。4歳、1歳の2児の父。

Photo » MIHO FUJIKI
Text » MIKAKO HIROSE

※FQ JAPAN VOL.38(2016年春号)より転載

 

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 黒板に向く授業はしない!? 日本初の「イエナプラン教育」を導入した小学校が設立!
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  4. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  5. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  6. “おしごと”が子供の集中力を高める!? モンテッソーリで重視される「自己教育力」とは
  7. 我が子の才能を引き出す10の方法
  8. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  9. 宮台真司氏が勧める「モテ教育」とは? 子供を魅力的な人間に育てる方法
  10. 1日集中トイレトレーニング【準備編】

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.51 / ¥500
2019年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

vol.49 / ¥0
2019年5月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局