注目キーワード

時事・コラム

「家計に変化ありそう」約7割、夫が知るべき妻のリアルな声とは?

2019年は、「働き方改革」や「消費税増」「幼児教育無料化」など変化が多い。働く主婦にとって重要な「家計」についても、大きなターニングポイントとなりそうだ。

働き方改革が4月から施行!
家庭における変化は?

昨年、「働き方改革関連法」が成立し、2019年4月からいよいよ施行される。働き方が変われば、”家計”にも変化が訪れるのは間違いないだろう。



最近は共働き家庭が増えているが、家計を握る妻はどのように感じているのだろうか? 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』の調査機関『しゅふJOB総研』が実施した、「働く主婦層の家計」に関するアンケート結果を見てみよう。

2019年、働く主婦の半数は
家計が厳しくなると予見!?

まず、「2019年の家計はどうなりそうか?」という質問に、「苦しくなりそう」と応えたのは55.7%。この割合は、2017年、2018年と比して徐々に上昇している。一方で「ゆとりができそう」と答えた割合は、2018年よりも2.1%ほどアップしていた。

「家計が苦しくなりそう」と回答した人にその要因を尋ねると、「消費税増税や物価上昇」「収入の減少」「高校や大学の学費」「介護費用」などが要因と答えている。

反対に、「ゆとりができそう」と回答した人の理由は、「子供が就職して学費がかからなくなった」「副業/複業といった新たな働き方による収入アップ」などが挙げられた。

収入を増やして
家計を安定させるには?

働く主婦の回答からは、世帯の家計は「二極化」していることがわかる。では、2019年はどのように家計を増やしていこうと考えているのだろうか?

「本業以外で家計を増やすとしたら、どんな方法を選択するか?」を聞いたところ、「ポイントをためる(42.2%)」という回答が最多。また、「副業(41.3%)」も多くの人が選択肢として考えているようだ。

本業での収入アップが難しい場合、本業以外で家計を潤す方法を模索している主婦が多いようだ。インターネットで有益な情報をキャッチし、賢く生活に取り入れるのが家計の助けとなるのかもしれない。

パートナーとよく話し合い
無理のない家計管理を

今回のアンケートでも傾向が見えたが、多様な働き方が推奨されるなかで、「副業」を選択肢に入れる主婦が多かった。たとえば専業主婦であっても、家事や育児の合間に在宅ワークをしたり、隙間時間を使ったアルバイトを始めるなどの方法もある。

これからは、自分のライフスタイルに合った仕事や、スキルを活かせる仕事を兼業するのが、共働き家庭・子育て家庭の主流となっていきそうだ。

本アンケートでは「働く主婦」が対象だったが、これはもちろん主夫やパパにも関係のあること。家計についてはパートナーとよく話し合い、互いに無理のない範囲で運用していこう。

■調査概要
調査元:しゅふJOB総研
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:528名
調査実施日:2018年11月19日(月)~2018年11月28日(水)まで
調査対象者:ビースタイル登録者/求人媒体『しゅふJOBパート』登録者

DATA

しゅふJOB総研



関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  4. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  5. 住まいづくりのお悩み解決! 『プラス・マイナス 兼光さん はじめての家づくりストーリー』とは...
  6. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. 『青春ごっこ』が夫婦関係を密にする【パートナーシップの新常識】
  10. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード