注目キーワード

時事・コラム

各国の少子化 ではなぜ全世界的には人口爆発なの?

沖縄や日本の一部過疎地は
「その先」を進む

以上見て来たように、経済発展が進む国ほど少子化が生じるという傾向は明らかだ。その中でも先端にいるのが日・韓・台だが、その先端のなかの、そのまた最先端の動きが日本で始まっている。前回述べたように、過疎地の中に人口再生力が100を超える地域が再登場し始めているのだ。

過疎地ではないが、沖縄にも注目したい。子供の数は1%増で、人口再生力も93だ。隣の台湾が14%減・55なのとは極端に違う。「日本だけがどんどん滅びていっている」という言い方をしている人は、こうした数字をチェックしてほしい。

※人口のデータは務省統計局「平成27年国勢調査結果」、出生数、出生率のデータは厚生労働省「2015年人口動態統計」、各国人口データは、国連人口部統計「世界人口推計2015年改訂版」に基づき掲載

 



PROFILE 

藻谷 浩介 MOTANI KOUSUKE

株式会社日本総合研究所主席研究員。「平成の合併」前の3232市町村全て、海外83ヶ国を私費で訪問した経験を持つ。地域エコノミストとして地域の特性を多面的に把握し、地域振興について全国で講演や面談を実施。自治体や企業にアドバイス、コンサルティングを行っている。主な著書に、『観光立国の正体』(新潮新書)、『日本の大問題』(中央公論社)『里山資本主義』(KADOKAWA)など著書多数。お子さんが小さな頃は、「死ぬほど遊んでやった」という良き父でもある。

関連記事

えっ…日本の子供減りすぎ? 人口6000万を切る水準へ

日本はもうおしまい? 子ども減少の元凶は◯◯

少子化問題を「居酒屋経営」に例えて考えてみた!

少子化を食い止めろ! クマ型社会からサル型社会へ

日本人は絶滅危惧種!?少子化の最先端を走る国の未来


FQ JAPAN VOL.45より転載

12

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  6. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード