注目キーワード

編集部からのお知らせ

おちまさとプロデュース「イクメン オブ ザイヤー2013」レポ

今年1番、育児を楽しみ・頑張ったパパ=イクメンを表彰するイベント「イクメン オブ ザイヤー2013」が “イクメンの日”(10月19日)より一足早い10月17日、イオンシネマ越谷レイクタウン店で開催された。

今年1番、育児を楽しみ・頑張ったパパ=イクメンを表彰するイベント「イクメン オブ ザイヤー2013」が “イクメンの日”(10月19日)より一足早い10月17日、イオンシネマ越谷レイクタウン店で開催された。人気プロデューサーであり、イクメンとしても知られる、おちまさとさんが総合プロデュースを務めるこのイベントは、今年で3回目。各界のイクメンが一同に集い表彰を受けた。

1017_02

噛みすぎて読み聞かせ禁止…!?

まずは2012年ロンドンオリンピックのミドル級で優勝したプロボクサー、村田諒太さん。実は、おむつ替えや歯磨き、寝かしつけなど、何でもソツなくこなす育児上手なのだそう。会場に遅れて到着した品川祐さんは、遅刻で好感度がさらに下がることを気にしつつ、「一番大変なのはママ。だから自分ができることは何でもしてあげたい」と妻想いのコメント。相方の庄司智春さんは、絵本の読み聞かせで「噛みすぎる」せいで奥様のミキティ(藤本美貴さん)から禁止令を出されているそう。「受賞をきっかけに読み聞かせを再開できると思います! 愛してるよミキティー!」と絶叫し、会場を盛り上げた。

ママと子どものおかげで、人生の楽しみが4倍に

日本演劇界の代表格である市村正親さんは、受賞に関して「子どもといられる時間は天国。人生の楽しみが4倍に増えました。賞金でママと子どもにプレゼントを買って帰ります」と、これぞイクメンというコメント。昨年度に引き続き、育児を楽しみ・頑張っているおじいちゃんを表彰する「イクジイ」部門では、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹さんが受賞。「尾木ママなのにジイジとして表彰されるなんて…。少し混乱しています」と話していた尾木さんも、座談会では「自然に触れるなど、人間的な基礎になる“原体験”が重要」など目からウロコの教育論を展開していた。

1017_top

イクメン オブ ザイヤー受賞者に共通していたメッセージは「育児参加は何も、特別なことではない」ということ。多忙な日々を過ごす中で育児を楽しむ彼らから、学べることはたくさんありそうだ。ぜひ、彼らのイクメン・イクジイぶりをチェックしてほしい。

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード