注目キーワード

編集部からのお知らせ

イクメンの祭典を振り返る!
イクフェス2014PICK UPレポート

STAGE

▼Boseさん&さくらださんトークショー

01_talkshow

イクフェス2014のオープニングトークは、日本語ラップ界の重鎮スチャダラパーのBoseさんと元あやまんJAPANのファンタジスタさくらださんの夫妻。実はBoseさん、家事も育児もなんなくこなすイクメンだそうで、さくらださんいわく「あとは、主人に『おっぱい』があれば完璧だと思います」とのこと。一方のさくらださんは、子供が生まれてからもマイペース。「今日のような恰好で、保育園の送り迎えに行っています」と明かし、観客を驚かせた。ちなみに、Boseさんの子守唄はお得意のラップかと思いきや、まんが日本昔ばなしのエンディングテーマでお馴染みの『にんげんっていいな』。愛娘が眠りにつくまで、替え歌をつくりながらエンドレスで歌っているそうだ。

▼ユージさんトークショー

02_talkshow

2月に入籍し、いきなり小学生のパパになったユージさん。結婚には迷いはなかったというが、交際前は「息子に受け入れてもらえるだろうか」という不安があったそう。6月には娘さんも生まれ、今や家事や育児を楽しんでこなすイクメンに。これからたくさん思い出を作っていきたいそうだが、ユージさんは母子家庭で育ってきたので、父親よりベビーシッターさんとの思い出が多いのだとか。「ママから『使えない』と言われちゃうダメなパパでも子供にとっては必要なんです。チャンバラをしているときに斬られ役になってあげるとか、昔の僕がしてほしかったことを彼にしてあげたいんです」と息子への想いを吐露。その心意気に目を潤ませる観客もいた。

03_stage

▼トイザらス・ベビーザらス
ジェフリーバースデーファッションショー

10月10日はトイザらス公式キャラクター「ジェフリー」の誕生日ということで、日本トイザらス・キッズステーション・FQ JAPANの3社コラボで「ジェフリーバースデーファッションショー」を開催。約3,000名の応募から選ばれた32名のベビー&キッズたちが「2014秋冬アパレルコレクション」を身にまとい登場。ハロウィーンやディズニーキャラクターのなりきりアイテム、今年流行のチェック柄アイテムなど秋冬注目アイテムが多数披露された。

◎CLOSE UP◎

babysign▼ベビーサイン体験会byお宮の松

たけし軍団のメンバーとして知られるお宮の松さんは、4人の男の子の父親でベビーサインのパパアドバイザーとしても活躍している。「ベビーサインは赤ちゃんの意思表示。覚えれば赤ちゃんのストレスが減ります。しかもコミュニケーション能力の開発にも効果があると言われているんですよ」とメリットを紹介。「覚えておけば子供と留守番中も安心です」と、「手伝って」「おっぱい」「お風呂」など基本的なサインを伝授してくれた。

04_training▼イクメントレーニング

我が子を抱っこしながらインナーマッスルを鍛える「イクメントレーニング」では、会場に遊びに来ていたパパたちが、ステージの前でトレーニングを実践。膝や腿、腹筋など、動き方によって鍛えられる部位が違っており、かなり筋肉への負担もあるので、足腰のトレーニング中、足をプルプルさせるパパもいた。残業続きで忙しく、運動不足を感じているパパには、ジムに行くよりもイクメントレーニングで体を鍛えることをお勧めしたい。
1234

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. フリーマガジン『FQ JAPAN BABY&KIDS』2024年春号 2/29発行!
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  9. [終了]「ベストキッズオーディション2024」エントリー受付中! 費用や応募方法は? 何歳から応募できるの?...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード