注目キーワード

おでかけ

男心くすぐる水族館  ~パパのための 水族館 講座~ 

子供ならば誰もが大好きな水族館。でもさ、ホントはパパだってテンション上がっちゃう……。そんな水族館の楽しみ方を伝授! 日本の水族館数の数は?世界中にある約500の水族館数の実に2割ほどにあたるってホント!? こんな小さな島国で、なぜこのように水族館が発展したのか……?

男心くすぐる水族館講座

子供ならば誰もが大好きな水族館。でもさ、ホントはパパだってテンション上がっちゃう……。そんな水族館の楽しみ方、ここにはあります。

娯楽施設でもあり教育施設でもある日本の水族館は、子連れおでかけの定番コース。
だけど、あなた次第で水族館はいくらでも生まれ変わる。もっと自由に遊ぼう!
娯楽施設でもあり教育施設でもある日本の水族館は、子連れおでかけの定番コース。だけど、あなた次第で水族館はいくらでも生まれ変わる。もっと自由に遊ぼう!

探求(オタク)心あふれる日本人が生んだ世界一

娯楽施設でもあり教育施設でもある日本の水族館は、子連れおでかけの定番コース。
だけど、あなた次第で水族館はいくらでも生まれ変わる。もっと自由に遊ぼう!
「アクアリスト」という言葉をみなさんはご存知だろうか。これは、水族館のような大型施設から小規模の個人施設に至るまで、水生生物に強い関心があり、自分でも観賞魚(特に熱帯魚)や水草を飼育・栽培する人のこと。つまり、“趣味が水槽でお魚を飼う愛好家”を指すのだが、その度合いはまちまちである。簡単に飼えるグッピーを眺めているだけで満足な人もいれば、水槽内の生態系が自然な状態になるように、水の品質管理から栄養素の流入・流出まで管理する本格派もいる。いわゆる“探求者”だ。


日本は自他共に認めるオタク大国である。日本人の勤勉さからくる熱狂的な探究心は、この「水の世界」でもいかんなく発揮されていて、日本を世界で1位、2位を争う水族館大国に成長させた。しかし、意外にも日本の水族館レベルの水準の高さは、そこまで私たち日本人に知られていないのが現状である。

日本には、さまざまな世界一の称号を持つ水族館が多数存在するが、水準の高さを示す象徴的な水族館として有名なのが、「沖縄美ら海水族館」だろう。この水族館には2つの世界的な名物を有する。今もなお長期飼育記録世界一を更新中のジンベイザメ(6月現在、14年3ヶ月)とオニイトマキエイのマンタ(6月現在、17年1ヶ月)、世界2位の、水量なんと7500トンという大型水槽「黒潮の海」だ(現在の1位はドバイ水族館)。この2つを見るだけでも沖縄に行く理由になる。
マニアック路線でいくと、「山形県鶴岡市立加茂水族館」の、クラゲの展示。その数は35種類で、世界一として認定されているという。それから見逃してはならないのが2008年に大洗水族館にやってきた、世界最大のウバザメの剥製。全長8.6メートル、体重4.6トンという巨体だ。

イルカショー4

繁殖・飼育に関してトップレベル

娯楽施設でもあり教育施設でもある日本の水族館は、子連れおでかけの定番コース。
だけど、あなた次第で水族館はいくらでも生まれ変わる。もっと自由に遊ぼう!
日本の水族館数は約100。この数は世界一にあたり、世界中にある約500の水族館数の実に2割ほどにあたる。こんな小さな島国で、なぜこのように水族館が発展したのか。その秘密は実は「繁殖・飼育」にある。例を挙げればキリがないが、先にも触れた「沖縄美ら海水族館」のマンタは2007年に初めて繁殖・出産に成功し、ほとんど知られていない生態の解明の一歩を踏み出した。「名古屋港水族館」では、オキアミ2世の繁殖に世界初成功。身近な生き物としては、「アクアマリン福島」では、世界で初めて成功したというサンマの繁殖。日本の水族館のチャレンジ精神には、世界も一目置かざるを得ないことだろう。

 

貪欲な知識欲が“オタク親父”を生む

娯楽施設でもあり教育施設でもある日本の水族館は、子連れおでかけの定番コース。
だけど、あなた次第で水族館はいくらでも生まれ変わる。もっと自由に遊ぼう!

人が知らないことを知りたいといいう、一途なまでの探究心こそ “オタク心”の核をなすものだ。現代の世界において“フロンティア”というものはほとんど存在しなくなってしまったが、まだまだ未解明なものだらけな“生態”においては、開拓するべきことがらが多く残されている。オタク男子ならぬ、“オタク親父”たちは、いかんなく貪欲な探求(オタク)心を燃やし続けてほしい。

かいじゅうアイランド10-12
196
20

関連記事

2022/05/24 | 編集部からのお知らせ

育児雑誌『FQ JAPAN』2022年夏号6/1(水)発売!

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  6. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  7. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  8. 【体験レポート】ハンズフリーで脱ぎ履きできる?ナイキのテックシューズに新色が登場...
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード