注目キーワード

アイテム

【レビュー】上品で機能的。落ち着いた大人に似合うEV『ボルボ C40 リチャージ』

ドライブパートナーとして最高の1台を見つけたい。そんな野望を抱えている家族も多いだろう。ここでは、FQUKの編集者 ティム・バーンズ・クレイが注目の「ボルボ C40 リチャージ」のテスト走行を行い、その魅力をレビューする。

バッテリーEVの第一弾
シンプルなのに高級感

時代に先駆けてCO2削減に積極的な取り組みを見せ、電動化へと大きく舵を切ったスウェーデンのボルボから登場したC40 リチャージ。モーターにバッテリーを組み合わせたバッテリーEVの第一弾であり、SUVのタフな感覚に美しいクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVである。

このジャンルを開拓したのはBM WのX6だが、ボルボ©40リチャージもウエッジシェイプを基本に、ルーフエンドをクーペのように傾斜させ、そこに2つのリアスポイラーを装備した。ボディサイズは、トヨタのbZ4Xや日産のアリアより小ぶりだが、強い存在感を放っている。

また、上質なボルボであることを強く感じさせるのは、シンプルながら高級感があり、装備も充実していることだろう。環境に配慮して、レザーフリーインテリアを採用し、リサイクル素材も積極的に採用している。

2種類のグレード構成と
力強く驚異的な加速

グレード構成は、「Twin」と「Single」の2種類。「Twin」とは前後に2つの電気モーターを搭載していることを意味し、4輪を駆動して走る。これに対し「Single」は1モーターのFF車である。主役的な存在の「Twin」の、トータルの最高出力は408ps(300kW)に達する。最大トルクは7lクラスのガソリンエンジン並みの660Nm(67.3kg-m)を発生し、0-100km/h加速は4.7秒と、驚異的な加速を見せつける。

また、78kWhの大容量を誇る駆動用バッテリーのおかげで、一充電での航続距離は484km(WLTCモード)に達する。ちなみに170kW(231ps)を搭載するシングルモーターのバッテリーは69kWhで、航続距離は502kmである。

日本で発売しているアルティメイトツインモーターは、20インチのアルミホイールとタイヤ、キーレスエントリー/ゴー、ヒーター付きパワーシートとステアリングホイール、フロントのランバーサポート、パノラマサンルーフ、パワーテールゲート、360度カメラ、ワイヤレス電話充電器、Googleと共同開発したインフォテインメントシステム(9インチのタッチスクリーンと12.3インチのインストルメント・クラスター)などを標準装備している。

数値から予想される通り、力強い加速を披露するが、モーターは瞬発力が鋭く、シームレスな加速を見せるので、体感加速はとても刺激的である。20インチの大径タイヤを履き、車両重量も2トンを超えるが、柔らかいサスペンションのおかげで乗り心地を損なうことはあまりない。 ただし、ボルボが提供するSingleが履く19インチ ホイール仕様の方が快適性は一歩上の印象を受ける。

快適性を優先して
くつろぎ空間を演出


ハンドリングはボルボらしい快適性を重視した味付けである。スポーティなハンドリングよりドライバーと同乗者の快適性を優先している。操舵フィーリングは軽く、乗り心地や静粛性も高いレベルにある。快適性を重視しているが、4WDの持つ驚くほどの潜在能力を秘めている。サスペンションはしなやかな動きを見せ、コーナリングではロールを上手に抑え込んでいる。また、タイヤのグリップレベルは高く、路面に関わらずコントローラブルである。室内は傾斜したルーフラインがヘッドルームにカットされているが、背の高い人が後部座席に座ったときでも不満のないスペースを確保している。シートヒーターも搭載し、非常に居心地のいい空間だ。

インテリアは上品で洗練され、機能的である。未来感は希薄だが、ボルボならではのくつろぎの空間を上手に演出し、長時間のドライブでも疲れないだろう。ドイツ車やフランス車と比べると控えめなインテリアだと感じられるが、ボルボらしい心遣いともてなしの配慮が至るところに散りばめられている。

ボルボC40リチャージはスポーティさを上手に包み隠した大人のバッテリーEVである。一部のライバルは航続距離が長いことを自慢しているし、ハンドリングもスポーティではあるが、ボルボ C40 リチャージは、洗練されたデザインと乗り味を提供してくれる。地球の環境問題にも真剣に取り組んでいるから、ビジネスパートナーとして最適である。また、ドライブパートナーとしても疲れづらく長く付き合える最高の1台と言えるだろう。

DATA

Volvo C40 Recharge Twin Motor
最高速度:180km
0-100km/h加速:4.7 秒
航続距離:484km(WLTCモード、国土交通省審査値) 
パワートレインのレイアウト:デュアル電気モーターの電子制御4WD
最高出力:前後とも204ps(150kW)/4350〜13900rpm
最大トルク:前後とも330N・m(33.6kg-m)/4919rpm
トータル出力:408ps/67.2kg-m
パワー(PS):408
CO2排出量:0g/km
日本での販売価格:C40 リチャージ アルティメイトツインモーター 759万円   
プラス シングルモーター 659万円


監修:片岡英明(モーター・ジャーナリスト)

FQ JAPAN VOL.66(2023年春号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. 『青春ごっこ』が夫婦関係を密にする【パートナーシップの新常識】
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード