注目キーワード

時事・コラム

3歳までに子供の愛着スタイルは決まる?夫婦関係が与える子供への影響とノウハウとは

子育て期では、夫婦の時間や会話もおざなりになってしまうこともあるだろう。しかし、その姿は子供たちに見本として見られていることを忘れてはいけない。人間関係の専門家・ニール・ウィルキーに夫婦関係が与える子供への影響とノウハウを伝授してもらった。

子供たちの人間関係は
親の姿をモデル化する

私たちにとっておそらく人生で最も重要なスキルである、他の人に愛情と充実した関係を持つ方法は誰も教えてくれません。子供は非常に早い年齢から自身の親をモデル化するので、独自の観点を持つ十分な年齢まで親が行うように世界に対応します。

子供はしばしば、自分の人間関係は親のようにならなければならないと考えます。そのため、それが愛情深く調和のとれたものであればそれを将来に持ち越すでしょう。 不幸にもよくないものであれば、自分の人生に適用できるより良いモデルが見つからない限り、「人間関係とはそういうものだ」と、その影を持ち続けることになるのです。

子供が人生に加わることは大きな喜びですが、同時に夫婦の関係にとって転機となることもあります。その焦点は新しい子供たちに移り、二人の「私たち」ではなくなってしまいます。

セックスや親密さも薄れ、コミュニケーションやつながりも薄れ、夫婦は離れていきます。何年も経ってから、子供たちが大きくなって家を出たとき、夫婦は互いがどれほど距離を置いていたかにようやく気づくのです。親は、将来の世代のために素晴らしい人間関係を作ることも、不幸にすることもできる力を持っていることに注意してください。

子供の成長に好影響を与える
親が見せるべき姿

最初の3年間に親と子供の関わり方によって、子供の愛着スタイルが形成され、その後の人生にも影響を及ぼすと言われています。幼少期における両親の関係は、子供に安心感を与える能力に影響を与えるかもしれません。そのために、両親がお互いに喜びや楽しみを体験している姿を見せる必要があります。優しいキスや言葉、視線、触れ合いなど、親密な瞬間を見ることができれば、将来の人間関係もうまくいくことでしょう。尊敬や思いやり、負担の分担を知ることができれば、バランスのとれた男女の役割分担を知ることができる。

両親の将来の夢や目的をオープンに語られれば、自分たちの未来を形作ることができることに気づくでしょう。親はデリケートな問題についてはプライバシーを守り、人間関係には開放性と養育が必要であることを子供に示すべきです。また、間違いは避けられないことである反面、学び・向上するための機会であることを示すこともできます。

夫婦は、自分たちの関係について定期的に話し合い、調整・改善すべきことを合意しておく必要があります。親が子供たちにそれを示すことができれば、将来の人間関係にとって素晴らしいモデルとなるでしょう。

何を言い、接するかによって、子供は幸せで安心できる大人、そして親に成長するはずです。親が子供に言ったマイナスなことや耳にしたことが、その後の人生に悪い影響を与えることはとても多いのです。怒っているときや誤解しているときに言われたことかもしれませんが、情緒的に発達中の子供の脳は、聞いたことを重要視しすぎて、その影を一生背負ってしまうかもしれません。

夫婦の会話を合理的に行うために
使ってはいけない言葉とハック法

親は子供たちから、一緒に仕事をするチームとして見られ、子育てに同意しているように見える必要があります。そうでなければ、子供たちはその亀裂を見抜き、利用することになります。例えば、親同士がこんな言葉を言っているのを聞いてしまったら。

「そんなことできるわけがない」
子供たちの視野を狭め、努力することをあきらめさせるかもしれませんし、そう言った親が支配的だと思い、もう一方の親に味方しようとするかもしれません。

「そんなことしたら、嫌いになっちゃうよ」
子供は自分の好みを親がわかっていないのではと思うかもしれません。そうすると、自分の好みを疑ってしまい、親に許可を求めるようになるかもしれません。

「その服、嫌い」
子供には、嫌いという言葉しか聞こえないかもしれません。また、一方の親が他方の親を貶めていると感じ、その服装の親を支持するか、批判的になるか、どちらかの味方になりたいと思うかもしれません。

「あなたは悪い親ね」
ここでも子供はどちらかの味方になり、一方の意見を支持したり下げたりします。それ以来、確証バイアスと呼ばれるもので、自身にとって都合のいい情報を集め、非合理的な判断をしてしまうようになるかもしれません。あるいは、間違っている、不公平だと感じ、それを言った親に不信感を感じるかもしれません。

これらの言葉のほとんどは、活性化して怒ったり動揺しているときに出てきます。会話の途中で、心臓や呼吸が速くなったり、汗をかいたり、不安な気持ちになったりと、活性化していることを自覚したときは、20分ほど中断して、どこか別の場所に行き、気持ちを落ち着かせてから、ディスカッションを再開する必要があります。

子育て中の生活では、しばしば睡眠が妨げられ、毎日が急にやることでいっぱいになり疲れることもあるでしょう。さらに、正しい子育てができているのか不安に思うこともあるでしょう。しかし、夫婦が初めて子供を授かった瞬間は、二度と味わえない貴重な瞬間です。間違いを犯すことを理解し、お互いを責めることなく、ただ学び、支え合ってください。そして、今を大切に、素晴らしいことに目を向けて楽しんでください。

親が伝えるべき人間関係の6つの重要な要素

①コミュニケーション
お互いに気持ちを伝え合い、話を聞いてもらい理解されていると感じること
②つながり
毎日、お互いのために、完全に存在する時間を持つこと。
③コミットメント
人生と人間関係から何を望むかを明確にし、それを達成するために努力すること。
④楽しさ
一緒に何かをしたり、笑ったり、楽しい時間を共有すること。
⑤成長
あなた、私、そして「私たち」すべてが成長し、満たされること。
⑥信頼
実行すると言ったことを実行し、お互いのために存在し、オープンで正直であること。

親から刺激される必要がある10の重要な感情

①愛されている 無条件に、何があっても。
②安心感 必要なときにいつでも守ってあげられる。
③サポートされる 最高の自分であるために。
④境界線 許される行動と許されない行動を知ること。
⑤成長 より良くなるために継続的に成長すること。
⑥信頼 私たちが何をするか予測でき、安心できること。
⑦コミュニケーション 人の話を聞き、自分の感情を表現することができる。
⑧つながり 家族の大切な一員であると感じること。
⑨コミットメント 親は子供のためにいる。
⑩楽しさ 一緒に楽しむことができる。

PROFILE

ニール・ウィスキー

人間関係の専門家、心理療法士。関係保存の専門家として数々の書籍や記事を執筆。人間関係を築く独自のパラダイム・The elationshipParadigmを作成し、オンラインカップルセラピーを行う。
HP:www.relationshipparadigm.com.


FQ JAPAN VOL.64(2022年秋号)より転載

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  2. 雑誌『FQ JAPAN』2024年夏号 6/7(金)発売!
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  7. 【計33名様にプレゼント】豪華家電などが抽選で当たる! アンケートに答えて応募しよう...
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  10. アドラー心理学から学ぶ! 「人が幸せを感じる”3つの条件”」とは?...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード