注目キーワード

基礎知識

沐浴から離乳食、寝かしつけまで総まとめ! 乳児期に“パパができる”14のこと

6 スキンケア
赤ちゃんの肌を
乾燥&トラブルから守ろう

スベスベ&ぷるぷるで理想的に見える赤ちゃんの肌。でも、実はとてもデリケートだ。生まれてすぐの赤ちゃんは、皮脂分泌が活発で脂漏性湿疹ができやすい

一方、生後3ヶ月を過ぎる頃からは皮脂量が激減し、乾燥気味になってしまう。乾燥肌になるとバリア機能が低下し、痒みやアトピーなど肌トラブルの原因になることも。赤ちゃんの肌を健やかに保つためには、スキンケアが重要なのだ。

スキンケアは、汚れを落としてしっかり保湿するのが基本。入浴後や食後など、清潔にした後にこまめに保湿してあげよう。夏はさっぱり使えるローション、冬は保湿性の高いクリームや乳液がオススメだ。


7 ベビーマッサージ
たくさん触れ合うことで
“育てやすい”赤ちゃんに

ママ向けのクラスに加え、十数年前からパパ向けのベビーマッサージクラスを開催してきた助産師の直井亜紀さん。「今の子供たちは、親から歌ってもらう経験が少ない世代。でも昔も今も、子供はパパやママの歌声が大好きです」と話す。童謡を口ずさみながら、赤ちゃんの体を触って遊ぶベビーマッサージは、直井さんいわく「お手当」だという。

「肌と肌の触れ合いによって信頼関係が築けますし、いっぱい触ることで赤ちゃんの気持ちのいい場所や手加減、あやしかたのコツも分かってきます。ぐずったときの接し方なども分かるので、『育てやすい』と感じるパパ・ママが多いですね」。

ベビーマッサージ=お風呂上がりのイメージがあるが、「いつでもOK」と直井さん。「例えば、おむつ替えで一曲、お洋服を着替えたら一曲という感じで、親子で楽しみながらやってみてください。自作の歌でもOK。パパの大きな手で触られるだけで赤ちゃんは安心するので、思いきり触ってあげてましょう」。

● CD「あかちゃんのうた~手遊びとわらべうた」
子守唄やわらべうたに魅了された直井亜紀さんが監修・制作した、赤ちゃんが喜ぶ歌を集めたCD。ベビーマッサージや手遊びに活用できるあやし歌や子守歌を、優しい歌声とともに収録。

● やってみよう!「 ららら・ぞうきん」
ベビーマッサージでよく使われる代表曲の1つ。「らららぞうきん、らららぞうきん、らららぞうきんを縫いましょう」と歌いながら、両手でTの字を描くように、あおむけに寝かせた赤ちゃんのお腹から胸、胸から手に向かってさする。赤ちゃんとしっかりアイコンタクトをして、思いっきり撫でよう。

「チクチク、チクチク、チクチク、縫いましょう」と歌いながら、赤ちゃんの体を両手でツンツンする。歌は4番まであるので、YouTubeなどでチェックして、振り付けを変えてみよう。

教えてくれた人

直井亜紀さん

助産師。一般社団法人ベビケア推進協会代表理事。内閣府特命担当大臣表彰受賞。産後ママや育児支援活動を活動の軸とした「さら助産院」を2009年5月に開業。ベビーマッサージ+育児講座+体重測定+ママ友(パパ友)づくりをセットとした「ベビケアクラス」が人気。


8 写真撮影
パパは、家族の貴重な
瞬間を残す記録係

毎日の家事・育児に追われがちなママは、ゆっくり写真を撮る余裕がない。とくに新生児期は、慣れない育児と寝不足で、写真どころではない場合も。

しかし、赤ちゃんの成長は待ってくれないし、授乳や抱っこなどのシーンもこの時期ならではのもの。今しかない貴重な家族写真を撮るのは、パパの仕事だ。そして、撮影した写真はぜひプリントして飾ろう。子供の自己肯定感を向上させる効果が期待できる。


9 家事
家事を担うことで、
ママの心身的負担を軽減

おむつ替えや授乳など、赤ちゃんのお世話に関わるものだけが「育児」ではない。洗濯・掃除・料理などの家事を行い、忙しいママの負担を軽くすることを「間接育児」という。

毎日の家事を効率よく回すためには、ドラム式洗濯乾燥機、食洗機、掃除ロボットなど、最新家電を活用するのも手。時間がないときは、外食やレトルト食品、家事代行に頼ったっていいだろう。大切なのは、家族が笑顔でいられることなのだ。


10 読み聞かせ
赤ちゃんの反応に
一喜一憂しないこと

まだ会話のできない赤ちゃんに、どう言葉をかけていいかわからないというパパも多いはずだ。「絵本があれば、そこに書いてある言葉を読むだけでいい。絵本の言葉を借りて、赤ちゃんに語りかけることができるんです」。そう語るのは、絵本読み聞かせ講師の上甲知子さん。

小さな赤ちゃんはわかりやすい反応を返せないことも多いが、それでも続けることが大切、と上甲さん。「赤ちゃんの反応を大人の勝手な解釈で判断し、一喜一憂しないようにしましょう。無表情でも、心は動いているかもしれない。信じて、読んであげましょう」。

赤ちゃんの成長は早い。同じ絵本でも、成長に伴って反応は変化する。「このページに興奮するようになったとか、同じ絵本を読みつづけることで、目に見えない心の成長を感じられるはずです。それは、親だから気づける変化ですし、親としての喜びにも繋がります。ぜひ、おもしろがって観察してみてください」。

父親にオススメの絵本6選

●きんぎょがにげた
福音館書店/作・絵:五味太郎
「字も大きく、言葉も少ないので読みやすい。絵本の中の金魚を、赤ちゃんが探して指を差すようになるなど、意外に早い段階から一緒に楽しめます」

●ままです すきです すてきです
福音館書店/作: 谷川 俊太郎/絵: タイガー立石
「言葉が出る頃から読んでほしいしりとり絵本。奇妙でシュールな絵なのでママはあまり手に取らないかも。そういう分野をパパがフォローしましょう」

●うたえほん
グランまま社/絵:つちだ よしはる
「誰もが知っている童謡が満載。見開きページに一曲分の歌詞、楽譜、絵が載っています。赤ちゃんをお膝に乗せて、たくさん歌ってあげましょう」

●おならうた
絵本館/原詩: 谷川 俊太郎/絵: 飯野 和好
「うんち、おなら、おしっこなど、“下ネタ系”の絵本は、苦手というママも多い。でも、子供は安易に喜んでくれるので、パパにぜひ読んでほしいです」

●原寸大 どうぶつ館
小学館/著:前川 貴行/監修:成島 悦雄
「動物の写真は、意外と好きな赤ちゃんが多い。原寸大で迫力ある絵本なので、ページをめくるだけで楽しい。小学生になっても楽しめます」

●ぷちぷち
アリス館/作・絵:ひろかわ さえこ
「“ぷちぷち”“ぽっこぺっこ”など、赤ちゃんが大好きな、耳で聴いて心地良い音で展開していく絵本です。読んでいる方もなんだか心地良い気分になります」

教えてくれた人

上甲(じょうこう)知子さん

絵本読み聞かせ講師。1972年生まれ、神奈川県南足柄市在住。3人の子供を育てながら、地方公務員として21年間勤務。とある出会いにより「絵本で子育て」を始めて17年。誰でも簡単にできる「絵本で子育て」を全国各地で伝える。

123

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  5. 住まいづくりのお悩み解決! 『プラス・マイナス 兼光さん はじめての家づくりストーリー』とは...
  6. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード