賢いパパが本気で使っている“トラベルシステム”とは!?

2016.04.21up
 
tegata_02

 

欧米では1台でベビーカーとチャイルドシートの機能をあわせ持つ「トラベルシステム」が普及している。室内から車内、さらに出先でも赤ちゃんの眠りを妨げずに移動できる優れもの「トラベルシステム」は、妻も子供も喜ぶ賢い選択なのだ。

人気のヒミツとは?
「トラベルシステムなんて初耳」というパパのために、そのメリットを紹介しよう。

1台で3役以上こなす優れもの!
ベビーカー、チャイルドシート、ベビーキャリーなど、1台で3つ以上の機能をこなしてくれるのが「トラベルシステム」最大の魅力。室内、車内、お出かけ先など場所が変わっても、赤ちゃんは寝たままで、ずっと居心地のいい空間にいられるのだ。

赤ちゃんはもちろん、パパ・ママにとってもお出かけによるストレスが大幅に軽減されるので、外出の機会も増やせる。アクティブダッドには嬉しいアイテムだ。

おねんねを邪魔せず移動できる!
車の中でスヤスヤ眠っている赤ちゃんを、移動のたびに起こしてしまうのは忍びないもの。そればかりか、起こすタイミングが悪すぎると、ご機嫌斜めになってしまうことも……。

しかし、トラベルシステムなら、赤ちゃんを乗せたままシートの脱着ができるので、おねんねの邪魔することなく移動ができ、しかも室内ではバウンサー(揺りかご)代わりにもなってくれるので、パパ・ママも2人の時間を満喫できる。

ISOFIXに対応しているので安全・安心!
平成25年 警察庁・JAFの調査によると、全国で63.9%ものパパ・ママが、チャイルドシートの取り付け方を間違えていたそうだ。

その原因の多くが「シートベルトの締め付け不足」。安全のために装着しているのに、その方法を間違えていたら意味がない。

その点、トラベルシステムは現在主流となりつつあるISOFIX対応のものがほとんど。ワンタッチで後部座席に固定が可能なので、取り付けが非常に簡単で、しかも安全・安心なのだ。

 

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正