男を磨くテクニック 「イクメンのためのスクラブアップ」

2013.08.29up
 

SCRUBUP 男を磨くテクニック 乾燥する冬のスキンケア

スベスベ肌で子供が喜ぶスキンシップを

1.乾燥した空気が肌に与えるダメージ

冬における肌の天敵はなんといっても乾燥。外ではもちろん、暖房された部屋の中でも、肌は乾燥の危険にさらされているからだ。
特に屋外で注意したいのが冬の冷たい風。風が直接当たると、さらに大きな乾燥ダメージを肌に与えることになる。冬場は常に空気が乾燥していることを念頭に置き、肌の保湿に心がけることが重要。

2.スキンケアの基本は正しい洗顔から

寒い冬の朝、温水で顔を洗うのは実に気持ちが良い。しかし角質層の保湿成分は温水が苦手。お湯の温度は35℃以下くらいで洗うよう心がけたい。また、ゴシゴシ強く洗うのも肌に負担をかける。必要な角質層が剥がれ落ちてシミやシワの原因となることも。洗顔料をしっかりと泡立てて、産毛を撫でる感覚で顔全体をクルクルと円を描きながら優しく洗うこと。

3.冬の肌には十分な潤いを

冬の肌のケアにおいて、洗顔後の保湿は最重要ポイント。洗顔後の肌は、時間とともに急速に水分が失われていく。洗顔後は化粧水などで素早く保湿、その次に保湿クリームなどを塗るとさらに良い。化粧水は、肌の潤いや弾力を保つのに有効なヒアルロン酸が配合されているものがオススメだ。

4.肌荒れはスキンシップにも影響する

子供たちのデリケートな肌に、乾燥した唇やささくれの尖った指先などが当たると非常に痛い。安心して大切な子供とスキンシップをはかれるように、手や唇のケアにも注意したい。手荒れや唇の荒れの場合も顔と同じで、必要な角質が剥がれる原因を減らし、適切なスキンケアをほどこすことにより防ぐことができる。

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正