頑張らずにメタボ腹を解消できる!?
10の“とりあえず”

2014.06.05up
 

メタボを気にして子供を海に連れていけないパパや
今までダイエットというものが続かなかったパパへ。
とりあえず何か1つやってみない? 必ず結果は付いてくるはず!


“とりあえず”
15分早く起きてみる



頑張り度・・・2



いきなり1駅歩くなんてそんなことは難しいけど、ゴミを捨てに行ったついでにちょっと遠回りして戻ったり、自宅から駅までのルートをいつもより遠回りして近所の緑を眺めて歩けば、ヒーリング効果も得られ、日頃の疲れも癒される。やはり人間の基本動作であるウォーキングが、一番始めやすい運動なので、どれだけそれを日常の中で採り入れられる(増やせる)かが決め手だ。
老後、子供たちに迷惑をかけないように、今から足腰を鍛えて筋肉貯金しておこう。


“とりあえず”
自宅で筋トレ



頑張り度・・・4



ジムに行って体を動かすのが手っ取り早いのはわかってる。だけど妻と我が子が待つ家に、ジムの時間を削ってでも早く帰りたい。もちろん家族で過ごす時間はとても有意義だけど、実際の運動不足は否めない……。
しかし心配は無用! 脂肪を燃焼させる方法は、ジム通い以外にもある。オススメなのが自宅でできるお手頃エクササイズだ。スクワット、腕立て伏せ、腹筋などを各30〜50回やるだけ。1日10分の積み重ねは、週1でジムに通うより効果大だ。


“とりあえず”
腹八分目を覚える



頑張り度・・・3



子供が生まれると、ゆっくり食事を取る時間をなくしがちなので、簡単に済ませてしまうことが多い。せっかくだから、今までの食生活をプラスへ変えるチャンスだと思おう。大切なのは食事の栄養バランスに気を配ること(野菜は多めに!)。
また、腹八分目も心がけよう。「もうちょっと食べたいな」と思っても、ちょっとのガマンがポイント。そのうち胃が小さくなってくるので、食事の量は自然と減るようになる。外食時などは、量を少なめに注文する勇気も必要だ。


“とりあえず”
飲み会の誘いを
断ってみる



頑張り度・・・5



いわゆる“付き合い”と呼ばれる社会人の飲み会。お酒がメタボの敵だとわかっていながらなかなか断れず、毎週飲んでいる人も多いだろう。そんなときは「スミマセン、部長。今日は私が息子をお風呂に入れる当番なので、お先にお失礼いたします」と言って、断ってみよう。大丈夫、みんなわかってくれる。頻繁には誘われなくなってしまうかもしれないが、我が子との時間が増えて、メタボも解消されると思えば、乗り越えられる壁だ。


“とりあえず”
子供のおもちゃを
片付ける



頑張り度・・・1



効果的で機能的なエクササイズは家の中にあり! 家事や育児は運動不足の解消につながる。生活の中で自然に行う運動こそ、何気なくできて長続きする、フィットネスの決定版だ。子供の大きなおもちゃを床から持ち上げる際は、腰を曲げず、スクワットの要領でやってみよう。これは生物理学に沿った動きなのだ。日常的に取り入れることで確実に運動になる。また腰を痛めないための予防にもつながるので、毎日を心がけてみては?


“とりあえず”
妻と2人になってみる



頑張り度・・・4



たまには子供を預けて、夫婦2人の時間を作ってみよう。映画や食事に誘うのも、もちろんステキだけど、スポーツなんてどうだろうか? 1人では始めにくかったスポーツも2人なら楽しめるはずだ。サイクリング、テニス、スカッシュなどで、普段の運動不足を解決するキッカケに。なかでもロック・クライミングはオススメ。フィットネス効果抜群だし、パートナーと協力しながら登ることで絆をさらに強くする。夫婦共通の趣味になれば継続してできて◎。

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正