新米パパのための新・沐浴講座

2014.05.15up
 

mokuyoku

ブツブツやお尻の赤み、ひび割れなど新生児特有の肌トラブルがゼロに!
洗浄剤の選び方から洗浄法・洗い流し方・沐浴後の保湿ケアのやり方まで、従来の常識をくつがえす
画期的データに基づいた、シンプルかつすぐに実行可能な最新沐浴法がコレ。

清潔にすることだけでなく
親と子のスキンシップの1つ

「沐浴」とは、髪や体を洗い清めること(三省堂「大辞林」より)。

赤ちゃんに対する沐浴も同じく、もともとの目的は、赤ちゃんの体を清潔にすることだが、それだけではない。「赤ちゃんの血行を良くして、新陳代謝を活発にする」「裸にすることで、全身を観察し健康状態をチェックすることができる」などさまざまだ。その中でも特に、父親にとって大切なのが、「親子のスキンシップになる」こと。どうしても母親よりも我が子と接する機会が少なくなりがちな父親にとって、肌と肌の触れ合いによる赤ちゃんとのコミュニケーションは欠かせない。沐浴に時間帯の決まりはないので、1日1回、沐浴の時間を大切にしたい。

また、沐浴(入浴)と合わせて、覚えておきたいのが、赤ちゃんのスキンケア。お風呂に入ったら入りっぱなし、大人はそれでいいかもしれないが、赤ちゃんはそういうわけにはいかない。実は、赤ちゃんのスベスベぷりぷり肌は〝乾燥しやすい〞のだ。ただし、小さい頃からしっかりスキンケアを行なっていれば、将来皮膚トラブルに悩む確率も低くなる。だからこそ、ただ沐浴させるだけでなく、肌のこともしっかり考えてあげたい。

ここで教える沐浴法は、子供の肌を健やかに保つことを第一に考え、さらに肌の触れ合いによって揺るぎない親子関係を築けるという優れもの。さっそく今日から実践しよう。

次ページ 沐浴を始める前の準備編

 

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正