注目キーワード

時事・コラム

20代男性は「子だくさん派」多数! 子供は何人いるのが理想的? 

厚生労働省の発表によれば、2017年の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子供の数に相当)は、前年より0.01ポイント低い1.43と2年連続の低下となっている。子育て世代は子供が何人いるのが理想的と考えているのだろうか。

「子供は2人」がダントツ
しかし、女性の2位は「0人」

しらべぇ編集部調べ

 

待機児童問題や、男性の育児休暇取得が進まないなど、子育てに不安を覚える人も多いのでは。自分の子供はたくさん欲しいという人もいるし、欲しくないという人もいる。家族形態は多様化してきており、考え方も人それぞれだ。「しらべぇ編集部」が、「自分の子供は何人いるのが理想か」を全国20〜60代の男女1,358名を対象に調査を実施した。



もっとも多かった回答は「2人」で、男女とも4割を超えた。ただし、男性では「3人」「4人以上」といった回答も少なくないのに対して、人数が増えるほど男女の差が開き、女性は「0人」が2割を超えて全体の2位となっている。

20代男性の3割近くが
「4人以上欲しい」

しらべぇ編集部調べ

全体では少数派だった「4人以上」という回答だが、じつは男女や世代によって大きな差があることも明らかに。

20代男性では、「4人以上派」が3割に迫り、30代、40代でも少なくない。ところが女性は、30代で14.9%と多くなっているものの、40代以降では極端に減少する。子育ての苦労を背負い、大変さを実感している女性だからこその本音が透けてみえる。

まだまだ、子育ては「女性の仕事」という家庭が大半だ。20代男性はまだどこか他人事で、子育ての楽しい面だけを見ていることから「子だくさん」を理想にできるのかもしれない。しかし、子供がたくさん欲しいと思う若い男性がいることは、少子化の進む日本では喜ばしいことといえるだろう。

「子は宝」。家族計画は理想通りになるとは限らないが、一人っ子・2人きょうだい・3人以上きょうだいと、それぞれに良さがあるはず。いずれにしても、我が子が「私はこれで良かった!」と笑って過ごせるよう、育てていきたい。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

DATA

しらべぇ

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 共働き育児は「いい睡眠」で変わる?子育て編集部が選ぶ快眠アイテム3選...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード