注目キーワード

アイテム

紙おむつのズレを防ぐ! おへそまで覆う”ハイウエスト”タイプが登場

紙おむつがずれる要因のひとつ、赤ちゃんの「ぽっこりおなか」。付けて数分でお腹の部分がずり落ちてしまうことも多いが、そんな悩みを解決する紙おむつが登場! 座る・歩く・走るといった、赤ちゃんの活発な動きにもぴったりフィットする新設計とは?

紙おむつの「ズレ」「モレ」に
悩んでいるママは6割以上!

乳幼児期の赤ちゃん特有の悩みといえば、紙おむつの「ズレ」「モレ」問題。我が子に合うオムツが見つからず困っているパパ・ママもいるだろう。

オムツがずれる原因として最も考えられるのは、赤ちゃん独特の「ぽっこりおなか」だ。

人気の紙おむつ「ムーニー」シリーズを手がけるユニ・チャーム株式会社が行った調査によると、8割以上のママが、我が子は「ぽっこりおなか」だと実感しているよう。

また、「ぽっこりおなかにより紙おむつがずり下がった経験はあるか?」と質問したところ、6割以上のママが「経験あり」と答えている。
これを受け、ユニ・チャームはベビー用紙おむつ「ムーニーマン」のLサイズ・ビッグサイズをリニューアルした、新たな紙おむつを開発した。乳幼児期特有の「ぽっこりおなか」にもフィットする秘密とは?

たくさん動いてもズレにくい!
お腹まですっぽり包む新デザイン

紙おむつがズレる要因は大きく2つ。「ぽっこりおなか」と「活発な動き」にある。そこで今回新開発された「ムーニーマン」には、それらを解消する3つのアイデアが盛り込まれている。

ズレ・モレを防ぐ3つのポイント

特許技術「すっぽりハイウエスト」
従来品よりも約15mm長い、ハイウエストサイズにリニューアル。実際にオムツを付けてから30分経っても、お腹の部分は下がっていない。

人間工学に基づいた「3ゾーン設計」を採用
「ぽっこりおなか」の形に合わせた3段階の設計で、はいた時の位置をキープ。座る・歩く・走るといった動きにも柔軟に対応しながら、しっかりとフィットする。
伸縮不織布を採用し、締め付けを大幅に低減
伸縮不織布がお腹部分をすっぽりとカバーすることで、接触圧を従来比48.3%低減。ウエストに沿って優しくフィットするから、赤ちゃんが苦しさを感じる心配もない。

12

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  2. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  3. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  4. クリスティアーノ・ロナウドに、子だくさんパパの子育て論を聞いた!
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード