注目キーワード

時事・コラム

1時間250円でベビーシッターを利用可能に、都が新たな待機児童対策

東京都は、ベビーシッター利用者の支援事業を2018年度中にスタートする。0~2歳児の待機児童などが対象で、1時間あたり250円でベビーシッターを利用できるようになる見通しだ。

対象年齢は2歳まで
利用時間は1日8時間まで

東京都は、待機児童対策の一環として、ベビーシッターの利用者を支援する。利用料金の大部分を東京都が負担し、利用者は1時間あたり250円(税込み)でベビーシッターを利用できるようになるという。

児童の対象年齢は0~2歳で、支援対象となるのは以下の場合など。

●保育認定を受けたにもかかわらず、保育所などに入れずに、子供が待機児童となっている場合
●保育所への入所申し込みをせず、保護者が育児休業を1年間取得してから復職する際、子供が保育所などに入るまでの間

利用上限時間は、児童1人あたり1日8時間かつ月160時間まで。超過する場合は、利用者の全額負担となる。

東京都は、既にベビーシッター事業者の募集を開始している。こののち、事業者の審査・認定と、ベビーシッター対象の研修などを経て、実際に支援事業が開始されるのは12月以降になる見通しだ。


ベビーシッター利用支援事業の仕組み(出典:東京都福祉保健局)

1時間250円で、東京都の研修を受けたベビーシッターが利用できるとなれば、パパママには心強い味方となりそうだ。

DATA

東京都福祉保健局
ベビーシッター利用支援事業 参画事業者募集

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  2. 雑誌『FQ JAPAN』2024年夏号 6/7(金)発売!
  3. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  4. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 【計33名様にプレゼント】豪華家電などが抽選で当たる! アンケートに答えて応募しよう...
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  10. アドラー心理学から学ぶ! 「人が幸せを感じる”3つの条件”」とは?...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード