注目キーワード

編集部からのお知らせ

【playtimeレポ01】2014年は“ちょいリンク”にチャレンジ!?

毎年2回、パリ、ニューヨーク、そして東京の3大都市で開催されている展示会「playtime Tokyo(プレイタイム東京)」。FQ JAPAN編集部もこちらに参戦、パパ目線で次の秋冬のトレンドや、新登場のブランドをチェックした!

毎年2回、パリ、ニューヨーク、そして東京の3大都市で開催されている展示会「playtime Tokyo(プレイタイム東京)」。子供とマタニティーのための、インターナショナルな合同展示会だ。去る2月25~27日には、2014年秋冬コレクションを東京で開催。FQ JAPAN編集部もこちらに参戦、パパ目線で次の秋冬のトレンドや、新登場のブランドをチェックした!

▶キーワードは“大人が着たくなる子供服”
200以上のブランドが出展しているなかで、気になる共通キーワードがあった。
それは、“パパやママ自身も着たいと思える子供服”。
もともとレディースやメンズのブランドだったが、子供服を手がけるようになった……という経緯で展開されたブランドでは、大人とまったく同じものが“子供バージョン”で登場するケースも多く見られた。まさに、大人も着たくなるデザインだ。

▶ARCH&LINE
例えば、ARCH&LINE(アーチアンドライン)は、トラッドなスタイルを基調に、遊び心をちりばめたデザインが人気。
シャツはメンズも展開しているので、パパと息子のおそろいスタイルも可能!

▶ami amie
ニット専門のブランド、ami amie(アミアミ)は「白黒動物」が2014年秋冬のモチーフ。
カラフルでユニセックスなニット類が豊富に揃う。
もともと糸の商社のため、素材の品質は抜群。アルパカのニットはあたたかさ2倍だそう。大人もぜひ着たい!

▶nunu
nunu(ヌヌ)は2014年にデビューした新ブランド。シルエットにこだわった、立体的なデザインが美しい。レディースの服をデザインする縫谷さんが、娘が生まれたことをきっかけに立ち上げたブランドだ。

▶soulsmania
soulsmania(ソウルズマニア)は、メンズ寄りのユニセックスなブランド。
こちらもデザイナーはパパ! 「ヒーローモノ」シリーズのTシャツは、子供自身も喜んで着そう!

「おそろい」……少々気恥ずかしい気もするが、こんな大人ライクなデザインや色使いなら、オシャレに決まるはず。子供が小さいうちに、ぜひ親子で“ちょいリンク”なファッションを楽しみたい。

>>>playtime TOKYOレポート「トレンドベビーギフト編」はコチラ

(2014.03.11up)

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. 『青春ごっこ』が夫婦関係を密にする【パートナーシップの新常識】
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード