注目キーワード

インタビュー

Wカップ スペイン代表ジェラール・ピケの育児 妻シャキーラ絶賛!

Wカップはまだ終わらない! スペイン代表ジェラール・ピケの父親ぶりが垣間見えるエピソードを紹介! 妻シャキーラは我が子のみならず、祖国の子供たちへの慈善活動も。2人の子育てスタイルとは?

子育てと慈善活動に邁進する
愛に溢れた歌姫

コロンビア出身の歌姫Shakira(シャキーラ)は、2011年に10歳下のスペイン(バルセロナ)のサッカー選手ジェラール・ピケと結婚し、13年に長男を、15年に次男を出産した。働くママとしてキャリアと実生活を両立させている彼女はまた、慈善活動にも積極的に携わっている。

「子育てがこんなに大変だなんて誰も教えてくれなかったわ。母親業はこれまでで一番大変な仕事。とにかくエネルギーを使う。アルバム作りについて考えるなんて、エベレストに登るくらい大変っ!」とHola!USA誌でボヤいていた。

しかし、そんな彼女の強い味方は息子達のパパでもある夫。「パパが子育てにもの凄く関与してくれてとても助かっているの。彼はいわゆる全面的に協力するタイプの父親。おしめも替えるし、お風呂にも入れてくれる。赤ちゃんと遊ぶのも、ミルクやご飯をあげるのも楽しんでやってくれる。とにかくものすごく助かっているの。父親としての役割を果たさない父親なんて想像できないわ」とUs誌のインタビューに答えている。

シャキーラは、コロンビアの子供たちを飢餓から救い、教育を与えるため、1997年、20歳の時に慈善団体ベアフット基金を立ち上げた。近年は、オバマ元大統領のヒスパニック系教育アドバイザリーの一員としても活動。また、ユニセフの親善大使として各国を回り、国連で貧困撲滅の大切さを伝えるスピーチも行った。母国以外の子供たちも救い、夢を叶えさせるため、多くの活動を続ける歌姫は、これからも世界中の子供たちの幸せを願って歌い続けるだろう。


Text >> IZUMI HASEGAWA

 FQ JAPAN VOL.47(2018年夏号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  4. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  5. 住まいづくりのお悩み解決! 『プラス・マイナス 兼光さん はじめての家づくりストーリー』とは...
  6. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. 『青春ごっこ』が夫婦関係を密にする【パートナーシップの新常識】
  10. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード