注目キーワード

時事・コラム

子供の自転車デビュー、平均年齢は何歳?

そろそろ子供の自転車デビューを考えている……という方必見! 実は最近、二輪自転車に乗れるようになる年齢が、自分たちの小さかった頃と比べ変化が起きているという。周りの子たちは、平均何歳から自転車に慣れ親しんでいるのだろうか?

<目次>
1. 自転車デビューの年齢、一般的なのは?
2. 親世代よりも早く自転車を乗りこなしている!
3. 自転車デビューの年齢が下がっている理由は?

自転車デビューの年齢、
一般的なのは?

今これを読んでいるパパやママは、自転車に乗れるようになったのが何歳頃だったか、覚えているだろうか?

実は最近、子供が『補助輪なしで自転車に乗り始める年齢』に、変化が訪れているという。

小学校へ上がる前の5~6歳頃に「自転車に乗れるようになりたい」と言う子供は多いように思うが、周りの家庭はどうなのだろうか?

親世代よりも早く
自転車を乗りこなしている!

玩具やキッズバイクの販売を行う日本トイザらスは、20代~50代の男女1638名を対象に「自転車に関する調査」を実施。

何歳頃から自転車(二輪車)に乗るようになったか? という質問に対して、

最も多かった回答は「6歳」で31.2%。
次いで「5歳」(27.0%)、
「7歳」(15.6%)と続き、

平均年齢は「5.7歳」という結果だった。

以下の記事では2歳からストライダー(乗用玩具)に乗るべき理由を解説している。子供の身体能力向上に関心がある方はチェックしよう!

ストライダーを2歳から始めた方が良い理由

6歳までに乗れるようになった割合は75.1%で、小学校へ入学する直前というのが典型的である風潮がうかがえる。

一方、自身の子供が自転車に乗れるようになった歳を聞いてみると、「4歳」の割合が大きく増加。平均年齢は4.9歳と、親世代に比べて0.8歳も若くなっているのだ。

自転車デビューの年齢が
下がっている理由は?

なぜ、自転車デビューの年齢は下がっているのだろうか。

同社の自転車担当バイヤー・諏訪貴裕氏は、近年人気が高いキックバイク(自転車のようにまたがって乗り、足で地面を蹴って進む、ペダルのない幼児用の二輪遊具)の影響のほか、2つの理由について考察。

1つは、親世代よりもインチの幅が充実していること。

一昔前までは16インチが主体だった子供用自転車も、現在は12インチから18インチまで、様々なタイプが用意されている。これにより、小さな子供でも自転車に乗れる機会が増えたことが一因だ。

もう1つは、サドルの調整幅が広がり、自転車の練習がしやすくなったこと。

足が地面につくよう調節すれば、幼児期でも安心して二輪自転車にトライできる。


同社では、2018年4月4日より「トイザらスへ自転車を買いにいこう♪」のサイトをオープン。子供のバランス力を鍛えるトレーニング用のものから本格的なキッズバイクまで、多種多様なラインナップとなっている。

これから子供の自転車デビューを考えている方は、要チェック!

DATA

トイザらス

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第14回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  2. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  3. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  4. 1日集中トイレトレーニング【準備編】
  5. わが子が憧れのモデルに!「第12回ベストキッズオーディション 2023」応募受付中...
  6. 【2022年9月最新】赤ちゃんとの暮らしをさらにキレイに! お掃除アイテム4選...
  7. 1日集中トイレトレーニング【実践編】
  8. 育児雑誌『FQ JAPAN』最新秋号9/1(木)発売!
  9. 『映画デパプリ』ゲスト声優・花江夏樹「双子の娘のケンカは1つの学びの経験として、仲裁せずそっと見守っています」...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.64 | ¥550
2022/9/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.62 | ¥0
2022/8/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.11 | ¥550
2022/7/15発売

お詫びと訂正

  第14回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局