注目キーワード

基礎知識

初心者でも劇的に上手く!スマホで赤ちゃんを撮影する6つのコツ

暖かい春は、絶好のお出かけシーズン。出かける際に我が子の写真をたくさん撮りたいパパ・ママは多いはず。赤ちゃんの撮影には、片手でカンタンに撮れるスマホがベスト!赤ちゃんの可愛さを最大限引き出す、6つの撮影テクニックを使って我が子の写真を撮ろう!

1.「目」を撮るべし!

動きが少ないからこそ、狙うべきは赤ちゃんの表情。赤ちゃんは笑っていても泣いていても、ミルクを飲んでいても絵になりますが、何といってもポイントは「目にピントを合わせる」ということ。顔のアップを撮る場合、顔全体にピントを合わせてしまう人が多いですが、人間の顔でもっとも印象の強い目に合わ焦ることで、自然な表情を撮ることが出来ます。これは目の閉じている場合でも同じ。

また、撮影時はパパも一緒になって寝っ転がったりして。カメラを子供の目の高さに合わせることで、さらに自然な赤ちゃんの表情を引き出すことが出来ます。

2.視線をゲットするなら「いないいないばぁ」で!

赤ちゃんの視線をゲットしたいなら、こちらから行動を起こさなければダメ。まず、簡単なところでは常に話しかけながらの撮影を心掛けるといいだろう。赤ちゃんは音のする方を見ることが多いので、視線をゲットするならこの方法が効果的。

ちょっと高等テクニックを紹介するならば、「いないいないばぁ」の活用もおもしろい。「いないいない」でカメラに隠れることで、あかちゃんの気を引き、「ばぁ」で視線ありの笑顔をゲット! ぜひ挑戦してみよう!

3.クオリティUPさせるなら白いものを用意しよう!

テレビのCMなどでもよく使われているのが、やわらかな光の中にいる赤ちゃんというシチュエーション。これは、大きな窓が合って外からの光がたくさん入るような部屋で、白やべーじゅのような明るい色のシーツなどで赤ちゃんを囲むことで再現することが可能。最愛の赤ちゃんが、やわらかな光の中で遊ぶ!

こんな雰囲気の写真に憧れるパパは少なくないはず。ただし、直射日光だと光が強いので、日差しが部屋に入ってくる時は、レースのカーテンをかけることを忘れずに! レースのカーテンは、光をやわらかくしてくれる効果があります。

12

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード