注目キーワード

時事・コラム

産後うつに、夫婦仲……パパの悩みをビシッと解決!

日本初の父親教室の立ち上げと、日本初のパパ検定が起爆剤となり、150のメディアから取り上げられたNPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也氏が語る「パパに寄り添って10年で見えてきたこと」。

ファザーリング・ジャパン
国を動かした10年の歩み

日本初の父親教室の立ち上げと、日本初のパパ検定が起爆剤となり、150のメディアから取り上げられたNPO法人ファザーリング・ジャパン。パパ検定を展開した2007年、前年は年間10本だった講演が200本まで増えた。そこから北は北海道、南は沖縄まで、全国の自治体に飛び火し、たくさんの父親たちをスクールに呼び込む仕組みを作ってきた。「笑っている父親を増やす」という活動のなかで、笑えない父親がいることも見えてきた。母子家庭には経済支援があるのに、父子家庭にはない。「男女共同参画社会時代にこれはおかしい」と政策提言をおこない、児童手当を改正するという成功体験も。困っているパパを助けたい、そんな想いで駆け抜けた10年間だった。

パパを取り巻く問題を解決するコンテンツ

子育て中のほとんどのパパ・ママが突き当たる壁を、これらの情報を利用して乗り越えよう!

■産後うつ
「なぜだか涙が止まらない……」「私、母親失格かも……」 約1割のママが産後うつになる。しかし出産・育児の知識が不足しがちな父親は、ママをうまくケアすることができない。そんな深刻な問題を解決するためにFJと日本助産師会のコラボで生まれたのが、ペンギンパパ・プロジェクトだ。

当てはまったら要注意!
10項目でママの産後うつチェック

□ あまり眠れていない
□ 食欲がない
□ 朝、起きられないことが多く、沈んでいることが多い
□ よく頭痛がおきている
□ 疲れやすい
□ 涙もろい
□ マイナス思考になっている
□ 子供にあまり関心がない
□ 何だかもたもたしていて、 家事や仕事がかだづいていない
□ 買い物に行っても何を買ったらいいのか決められない

■夫婦のコミュニケーション
「子供が憧れる夫婦になろう!」を合言葉にしているFJパートナーシップ・プロジェクト。たとえば、「夫が妻に、妻が夫に言われて嫌なこと集」をつくって、夫婦間の会話のコツを伝授している。「手伝おうか?」とか「仕事で疲れてる」とか言ってないですか?

何気ない一言が、妻を「イラッ」とさせているかも!?

fq_AND20161128_01

コンテンツやプロジェクトのさらに詳しい情報は、「ファザーリング・ジャパン」公式サイト

ファザーリング・ジャパン代表/安藤哲也
1962年生まれ。2男1女の父親。2006年、NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)を立ち上げ、代表を務める。NPO法人タイガーマスク基金代表。厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進チーム顧問、内閣府・男女共同参画推進連携会議委員などその活動は多岐に渡る。

Text » TAKESHI TOYAMA

※FQ JAPAN VOL.40(2016年秋号)より転載

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  6. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  7. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  8. 【体験レポート】ハンズフリーで脱ぎ履きできる?ナイキのテックシューズに新色が登場...
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード