注目キーワード

時事・コラム

日本も見習いたい!子育て大国ドイツの制度

保育所と幼稚園が一緒になった
KITAの利用が主流

キャリアキープのためにドイツの共働き家庭は、母親が1年、父親が2ヶ月(両親手当は最長14ヶ月)、育児休業を取ったのち職場復帰するのがスタンダード。そのときに頼りになるのが保育所だ。ドイツには3歳児未満の子供が通う保育所(Kinderkrippe)をはじめ、保育所と幼稚園、さらには学童保育が一体となったKITA(Kindertagesstätte)、自宅を開放している保育ママ(Tagesmutter)などがあり、預け先はバラエティ豊か。中でも人気なのは、小学校入学まで日中預かってもらえ、小学校入学後も学童保育として利用できる「KITA」だ。

KITAは地方自治体が設置・運営する公立園と、教会や福祉団体などが手掛ける私立園があるが、どちらも数が足りていないという人気ぶり。さらに2013年に児童助成法が改正され、従来3歳以上であった保育施設に入所する権利を満1歳まで拡大。満1歳から3歳までの低年齢の子供を預ける施設の新設・拡充への機運が高まっている。

fq_ger20161101_02
保育所がおやつや昼食を提供するところも多い

 

fq_ger20161101_03
0~1歳児のみを対象にした乳児保育所(Lingekrippe)もある

 



幼稚園(Kindergarten)はドイツ生まれ
幼稚園(Kindergarten)はドイツが発祥であることをご存じですか? 1840年にドイツの教育学者フリードリヒ・フレーベルが小学校に上がる前の子供たちを集めて作った施設が幼稚園の元祖です。ちなみに、Kindergartenはフレーベルが作った施設の名前に由来するもの。彼の造語で「子供たちの庭」「子供たちの国」を意味しています。なお、現在のドイツのKindergartenは3歳児以降の未就学児が通う施設で、2011年の在籍率は旧東ドイツ地区で95.3%、旧西ドイツ地区は91.9%。保育所と違いほとんどの子供が幼稚園に通っています。
(東京ドイツ文化センター所長/ペーター・アンダースさん)

 

Text » RIE SUGITA

※FQ JAPAN VOL.39(2016年夏号)より転載

12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第14回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 我が家の育児あるあるを大募集! エピソード投稿で賞品が当たる「育休パパコンテスト」開催...
  2. 商品はそのままプレゼント! 知育おもちゃ撮影のファミリーモデル募集!...
  3. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...
  4. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  5. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  6. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  7. 1日集中トイレトレーニング【準備編】
  8. わが子が憧れのモデルに!「第13回ベストキッズオーディション 2023」応募受付中...
  9. 意外!? お父さんを好きなのは息子より娘が多い
  10. 親は子に感染する。仲間を大切にしない無感情でつまらない人を生産すると日本経済は終わる。...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.64 | ¥550
2022/9/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.62 | ¥0
2022/8/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.11 | ¥550
2022/7/15発売

お詫びと訂正

  第14回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局