注目キーワード

時事・コラム

実は知られていない! 海外と日本の子育て支援比較

「海外と比べて子育てにやさしくない」などと思われがちな日本。しかし本当は、充実した子育て支援制度が存在しているのに、利用する側が知らないだけかも!?

「産後支援」比較

finlandフィンランド
フィンランドでは、産後の支援が充実!

フィンランドで妊娠期?育児までパパ・ママを支えるのが「ネウボラ」。疑問や不安を相談したり検診を受けたりと支援は手厚く、取得率はほぼ100%と国民への浸透率も高い。また、妊婦検診を受けたプレママには、ベビー服やおくるみなどが詰まった「育児パッケージ」が贈られる。
japan日本
全国各地で広がる「育児パッケージ」と「ネウボラ」

hkk20161013_02千葉県浦安市、三重県名張市、東京都文京区、埼玉県和光市など、日本でも「ネウボラ」や「育児パッケージ」を導入する自治体が増えている。フィンランドに視察に訪れた浦安市の松崎秀樹市長は、「工夫次第で日本でも十分展開できる」と確信したと言い、2014年に浦安版ネウボラ「子育てケアプランの作成」、浦安版育児パッケージ「こんにちはあかちゃんギフト」(写真)、市内協賛店で使えるバウチャー券「ファーストアニバーサリーチケット」をスタートさせた。(千葉県浦安市)

japan日本
幼稚園在園児以外でも無料の育児相談ができる!

実は、幼稚園の多く(全体の約87%)が、地域に向けた子育て支援活動を実施している。子育てに関する情報の提供や相談、園庭開放など、実施内容は多岐にわたる。なかには父親向けの講座などを開催している園もあるので、まずは地域の幼稚園の情報をチェックしてみよう。



「学費」比較

franceフランス
フランスでは幼稚園から大学まで、学費が無料!

フランスでは、幼稚園を含めて公立校の教育費は無料。幼稚園は義務教育ではないが、就学に備えて文字や算数などを学び、落第や飛び級もあるなど日本とは位置づけがかなり異なる。ちなみにフランスでは、国立大学の入学料・授業料も無料だ。
japan日本
今年度から幼稚園の無料化対象拡大

今年度より、幼稚園・保育所の保育料は、年収約360万円未満相当の世帯については2人目は半額、3人目以降は無償になった。第1子、第2子等のカウントにこれまでの年齢制限(小学校3年生以下)がなくなり、無償化の対象が広がっている。

12

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  2. 雑誌『FQ JAPAN』2024年夏号 6/7(金)発売!
  3. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  4. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 【計33名様にプレゼント】豪華家電などが抽選で当たる! アンケートに答えて応募しよう...
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  10. アドラー心理学から学ぶ! 「人が幸せを感じる”3つの条件”」とは?...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード