注目キーワード

インタビュー

魔裟斗「体操教室より外で遊ばせる大切さ」

生まれながらにして最強な漢・魔裟斗が語る“真の強さ”とは?

fq_MAS20160510_2
世界的に大ヒットを記録したディズニーの名作映画「ライオン・キング」のDNAを受け継ぐ最新TVアニメーション・シリーズ「ライオン・ガード」の日本初放送を記念してイベントが開かれた。格闘家として世界の頂点に立ち、現在では2児の父でもある魔裟斗さんをゲストに招き、春休み中の子供たちと共に“自然界のバランス”を学ぶPRイベントが都内で開催された。

イベント冒頭では、小さな男の子から魔裟斗さんへ、「魔裟斗さんは子供の頃から強かったんですか?」という質問があり、それに対し魔裟斗さんは、「生まれた時に4700グラムもあったから、人よりも大きくて、強かったね(笑)。強いと自分に自信が出て、人に優しくなれるんだよ。」と答えた。

今回はFQ編集部より、現在2児の父でもある魔裟斗さんに、親としての“本当の強さ”についてお話を伺った。

―― 格闘家としての「強さ」と、パパとしての「強さ」はどう違いますか?

格闘家として必要なのは、体力的・技術的に相手を打ち負かすための「強さ」でしたが、親になってから、「耐えることの強さ」というメンタル部分が強化されました。


―― “耐えることの強さ”とは?

たとえば、公園に来ている親同士で「どんな言葉を交わすとコミュケーションを深められるか」。子供が転んだときに手助けしてあげたいけど「立つまで待つ」、危ないと思っていても「ギリギリまで手出しはしない」、子供同士の「ケンカはすぐに止めに入らない」で、どのタイミングで大人が介入するのがベストか。公園にいる見知らぬ人に対して「どこまで信頼できるかの見極め」、など。親として「我慢すること」がどんどん強化されていっています。


―― 「格闘」より子育てのほうが、ハードなんですね。そんな魔裟斗さんの、1歳と3歳の娘さんは、ものすごく“やんちゃ”だそうですね。

そうなんです。まるで恐れを知りません。ケガのないように「守る」のが、むちゃくちゃ大変なんですよ。「攻め」より「守り」のほうが難しいのかもしれませんね。下の子なんて、スベリ台の上とか、2メートルくらいの高さから平気でジャンプしてきますから。


―― 2メートルの高さからジャンプですか!?

もちろん、下に僕がいるからです。だから、「絶対に、受け止めなきゃいけない!」(笑)。
僕が受け止めるのを信じて、父の胸に飛び込んできます。子供が100%の信頼を寄せている証ですから嬉しいですね。でも、内心、ヒヤヒヤですけど。

 
>> 次のページでは、魔裟斗さんが「脳科学」と「砂場」の関係について語ります!

 

12

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  9. 【参加者募集】料理研究家 コウケンテツ直伝! 親子お弁当づくり体験会
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード