注目キーワード

基礎知識

赤ちゃん・子供の肌トラブル予防ガイド~応用編~

赤ちゃんや子どもの肌として意外と知らない、または間違った知識が主流となっていることが。そこで本当に正しい知識を覚えておこう。

赤ちゃん・子どもの肌 知っ得情報ベスト4
赤ちゃんや子どもの肌として意外と知らない、または間違った知識が主流となっていることが。そこで本当に正しい知識を覚えておこう。

Q 赤ちゃんの洗顔に石けんは不要?A 部分的に石けんの使い分けを生後2~3ヶ月までの赤ちゃんは皮膚の分泌物が活発な時期なので
石けんによっては、刺激が強すぎたり、皮脂を奪いすぎてしまったりするため、洗顔はお湯で行う方がいいと思うかもしれないが、これはNG。
生後2~3ヶ月までの赤ちゃんには、特に皮膚の分泌物が活発なので、石けん洗浄が望ましいだろう。乾燥している部分はお湯のみ、皮脂が多いところは石けん洗浄と、使い分けることをオススメする。
Q 赤ちゃんの肌ってウルウル&スベスベ?A 実は大人より乾燥しやすい!
赤ちゃんの肌は、やわらかでキメが細かくツルツルに見えるため、潤いが多いと勘違いしがち。しかし、赤ちゃんの肌の表面部分である角質層は、大人よりも薄く、水分量も少ないので、大人よりもずっと乾燥しやすいのだ。
Q 冬なのにあせもになったりするの?A 服の着せすぎ・暖房のかけすぎに注意を
風邪、インフルエンザ感染や冷えへの心配による、服の着せすぎや部屋の暖めすぎは、あせもを引き起こしやすい。冬でも新陳代謝が活発な赤ちゃんは、実は大人より3 倍も汗っかき。背中に触れてみて汗ばんでいたら、洋服・室温の調節を。
Q スキンケアは冬だけでOK?A スキンケアは1年中行うのが基本
赤ちゃんの肌は、大人と比べると水分量が明らかに少ない。冬の時期はもちろんのこと、実は湿気の多い夏でも、赤ちゃんの水分量は成人女性の3分の1程度(図)。スキンケアは365日することが基本なのだ。skincare2015_03graf

» ①赤ちゃん・子供の肌トラブル予防ガイド~予備知識編~
» ②赤ちゃん・子供の肌トラブル予防ガイド~実践編~

Illustration » SEIJI TAKEZOE
Text » RIE SUGITA

FQ JAPAN VOL.37(2015-16年冬号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード