注目キーワード

基礎知識

寒~い冬も、ベビーサインをマスターして暖まろう!

あまりに寒くて、赤ちゃんとのお出かけもままならない……そんなときは暖かいおうちの中で、ベビーサインにふれてみてはどうだろう。

2015.11.10up

冬に覚えたい
ベビーサインを紹介!

*ベビーサインとは?
ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんとかんたんな手話やジェスチャーを使って「おはなし」する育児法。1990年代にアメリカで始まり、日本でも2000年以降、多くの家庭で実践されている。サインを教え始めるのに適した時期は生後6ヶ月~1歳半。

 

「寒い」のサイン

胸の前で握りこぶしを作って、拳と肩をブルブルと震わせる。飲み物や食べ物などが冷たい時などにも使える。1年を通して使うチャンスの多いサインだ。

「雪だるま」のサイン

 

軽く開いた手のひらで、雪だるまをかたどる仕草をする。本物の大きな雪だるまを見る機会はなくとも、ディスプレイなどで目にすることはあるはず。是非冬の間に教えてみよう。

「絵本」のサイン

両手のひらをあわせてから、小指側をくっつけたまま左右に開く。絵本を開くイメージでサインを教えてあげよう。これも日常でよく使えるとあって、習得率の高いサイン。

冬は、あまりに寒くて、赤ちゃんとのお出かけもままならない……そんなときは暖かいおうちの中で、ベビーサインにふれてみてはどうだろう。この季節にぴったりのサインを紹介しよう。

1つめは「寒い」。赤ちゃんの体温調節はなかなか難しいものだが、このサインを知った赤ちゃんは、寒いときに自らアピールすることができる。とても便利なサインなので、ぜひ試してもらいたい。ちなみにこのサインは「冷たい」の意味にも使える。

次は「雪だるま」。赤ちゃんにとって初めての雪は、冷たくて、白くて、印象的なもの。一緒に雪だるまを作る機会があれば、サインもすぐに覚えてしまうだろう。

最後は「絵本」。お天気が悪いときなど、お部屋でのんびり過ごすことも多いはず。赤ちゃんの「絵本を読みたい(読んでほしい)!」という欲求にも応えてあげられるので、こちらもおススメのサインだ。

家にこもってばかりいると、ストレスがたまりがちなのは、大人も赤ちゃんも一緒。暖かい春がくるまで、ベビーサインをうまく活用して、ゴキゲンな毎日を過ごそう。

Illustration » REIKO KANO
Text » KEIKO OKADA

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  6. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...
  7. 宮台真司氏が勧める「モテ教育」とは? 子供を魅力的な人間に育てる方法...
  8. 2名様にプレゼント! 出産祝いにもおすすめなおしゃれで機能的なシリコン製食器セット...
  9. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  10. オシャレすぎる! 便利で絶対欲しくなるパパ向け育児アイテム8選

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.68 | ¥550
2023/9/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.16 | ¥550
2023/11/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード