注目キーワード

編集部からのお知らせ

5年後、男性の「産休」取得率80%に!?
『さんきゅうパパプロジェクト』始動!

男性の休暇取得を推進している企業と自治体の事例紹介
子育て事情に精通した4人による活発なパネルディスカッション

有村大臣による宣言後、企業や自治体で取り組まれている成功事例が紹介された。「企業」部門からは、国内に5000人以上の社員をもつ昭和電工株式会社が代表して登壇。国内社員のうち9割が男性で、「イクメン企業アワード2014年特別奨励賞」の受賞経験を持っており、2008年に19名だった男性の育児休業取得者数が、2014年には50名を越えたという実績を持つ。日本国内で50名を越えている企業は、現在わずか20社程度しかない。

また「自治体」部門からは、「みえの育児男子」プロジェクトとして、今年3月に「イクボス宣言」を行った三重県が代表として登壇。独自の「育児参加計画書」を作成し、5年前には3.5%だった育児休業取得率を2014年には過去最高の16%、育児休暇取得率に至っては90%以上を実現した。

パネルディスカッションでは、モデレーターに渥美由喜(なおき)氏(株式会社東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長)を迎え、パネリストには年間600回以上のセミナーやワークショップを行うNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也氏、子育て現場の事情に詳しい「たまごクラブ・ひよこクラブ」編集統括の仲村教子(ゆきこ)氏、年間1000人以上の父親学級の講師を務める渡辺大地氏(株式会社アイナロハ代表)の4人による活発なディスカッションが行われた。

123

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード