注目キーワード

編集部からのお知らせ

エイデンアンドアネイがHIV母子感染撲滅支援コレクションを発表

産まれたての我が子を柔らかいおくるみでふわっと大切に包む瞬間は、誰もが新しく芽生えた命とこれから家族として共に過ごす日々に、わくわく胸が高鳴る瞬間でもある。 だが、そんな喜びとは対照的に、毎日700人以上の赤ちゃんが産声をあげると共に、HIVに感染している現状をご存知だろうか?

(PRODUCT)RED™を購入して社会貢献
0719_03
産まれたての我が子を柔らかいおくるみでふわっと大切に包む瞬間は、誰もが新しく芽生えた命とこれから家族として共に過ごす日々に、わくわく胸が高鳴る瞬間でもある。
だが、そんな喜びとは対照的に、毎日700人以上の赤ちゃんが産声をあげると共に、HIVに感染している現状をご存知だろうか?
HIVに感染している母親から生まれる子供もHIVに感染してしまう「母子感染」の割合は、15~45%に上るという。しかし、適切な処置とケアがあれば、なんと感染の確立が2%にまで抑えられるのだ。

柔らかいモスリンコットンのおくるみを主力として展開をしているニューヨーク発のブランド、エイデンアンドアネイは、AIDSのない世代の実現を目指し、HIV母子感染撲滅の支援を行うプロジェクトをサポートする為に、売上の一部が寄付される(RED) コレクションを発表した。
赤×白2色シャープで美しいデザインのこのコレクションは、購入金額の10%が自動的に世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に寄付され、アフリカのエイズ対策プログラムが支援される仕組みだ。

商品に使用されているモスリンコットンは、耐久性にも優れており、毎日のジャブジャブ洗いはもちろんのこと、洗濯をするたびに肌に柔らかく馴染んでくれるからママにも赤ちゃんにも嬉しい。

親なら誰もが願う「健やかな赤ちゃん」の誕生に思いを馳せながら、子供たちの輝く未来に貢献をしてみてはいかがだろうか?

※(PRODUCT)RED™とは、グローバル消費財メーカーが共通ブランドの商品を開発・販売することで得た収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に寄付することによって、アフリカのエイズ対策プログラムが支援される仕組みです。
パートナー企業による商品の販売収益のほか、キャンペーンやイベントなどによって集められた資金は、(PRODUCT)RED™ を運営するREDによって管理費を差し引かれることなく寄附の全額が世界基金に送られています。

【DATE】
スペシャルエディション
・クラッシクスワドル(4枚入) 希望小売価格:5,832円
・クラッシクスワドル(2枚入) 希望小売価格::3,675円
・クラシックドリームブランケット 希望小売価格:5,832円
・クラシックバーピービブ(2枚入) 希望小売価格:2,160円
・クラシックスナップビブ(3枚入) 希望小売価格:2,160円
発売開始日:2014年7月8日
発売元:エイデンアンドアネイ www.adenandanais.co.jp

(2014.07.19up)
Text>>RIE NAKASHIMA

関連記事

2015/01/30 | 編集部からのお知らせ

今月のTOP記事【2015年1月】

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第13回 ペアレンティングアワード 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの育休エピソードを教えて下さい! 『育休パパコンテスト』応募受付スタート...
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 1日集中トイレトレーニング【準備編】
  4. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!...
  5. 1日集中トイレトレーニング【実践編】
  6. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  7. 【新パパ必見】タバコは当然NG! 妊娠初期に夫が絶対にすべきこと3選
  8. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  9. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  10. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.59 | ¥550
2021/6/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.57 | ¥0
2021/5/31発行

特別号
「FQ Kids」

VOL.07 | ¥550
2021/7/15発売

お詫びと訂正

  第13回 ペアレンティングアワード 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局