注目キーワード

レビュー

【2024春公開】心温め、踊り、揺さぶる。「家族」がテーマの映画作品4選

2024年春公開の、家族をテーマにした映画を4作品紹介する。心温め、踊り、揺さぶる物語は必見だ! 洋画から1作品、邦画から2作品、アニメから1作品が登場。

メイン画像:© 2023. AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

夫婦の人生を劇的に変える
愛と感動のオペラに聞き惚れる

『ブルックリンでオペラを』


© 2023. AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『プラダを着た悪魔』で、世界中の人々の心をわし掴みにした、アン・ハサウェイ。脚本に惚れ込んだという本作では、自分の仕事に疑問を感じている、精神科医のパトリシアを演じる。夫のスティーブンは現代オペラの作曲家だが、作曲に行きづまり、パトリシアの提案で愛犬の気の向くままに連れられて、さまよい歩く“迷子の散歩”に出かける。日々のルーティンワークから外れることで、「誰の人生もきっとオペラみたいに劇的だ」とスティーブンが思うように、仲むつまじい夫婦の人生を、まさしく劇的に変えてしまう出会いが起こる。

オペラと聞くと、一見とっつきにくく、難しいと感じるかもしれない。しかし、劇中でスティーブンが生み出すオペラは、私達一人ひとりの人生に欠かせない「愛」について。オペラが愛から生まれるように、登場人物たちの人生か愛で創造されていく姿に、胸がきっと温かくなるはずだ。

DATA

4月5日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋 他全国公開
監督・脚本:レベッカ・ミラー
音楽:ブライス・デスナー
撮影:サム・レヴィ
出演:アン・ハサウェイ、ピーター・ディンクレイジ、マリサ・トメイ
配給:松竹

悲しき妻の死が想いを紡ぐ
父子の絆の再生の物語

『コットンテール』


©️2023 Magnolia Mae/Office Shirous

父子の関係修復の物語であり、家族が再構築されていく姿を切り取ったロードムービー。苦しい闘病生活を続けていた妻・明子を亡くした60代の小説家・兼三郎は、明子の書いた手紙を寺の住職から受け取り、息子の慧(トシ)と一緒に読む。

「みんなで行きたかったウィンダミア湖に、自分の遺灰を巻いてほしい」という内容だったが、息子にもすでに妻・娘がいて、別の家庭があるのだからと、一人で明子の願いを叶えようとする兼三郎。そんな父に、慧は長年蓄積していた不満が爆発し、少しずつ開きつつあった父子の関係の亀裂が、限界を迎えてしまう。家族の形を保っていた妻を失った今、兼三郎は妻の願いを果たし、息子との関係を修復できるのか。

監督自身の経験も含んだ本作は、愛する人を失うことの胸が張り裂けそうな悲しみだけでなく、その死が家族再生のきっかけにもなりうると、穏やかな気づきをくれるに違いない。


©️2023 Magnolia Mae/Office Shirous

DATA

監督・脚本:パトリック・ディキンソン
製作プロダクション:マグノリア・マエ・フィルムズ、オフィス・シロウズ
製作総指揮:ガブリエル・タナ
プロデューサー:押田興将、キャロリン・マークス・ブラックウッド、エレーヌ・テオドリー
出演:リリー・フランキー 錦戸亮 木村多江 高梨臨 / 恒松祐里 工藤孝生 / イーファ・ハインズ and キアラン・ハインズ
配給:ロングライド

後悔と向き合い、立ち上がる
孤独からあなたを救うために

『52ヘルツのクジラたち』


©2024「52ヘルツのクジラたち」製作委員会

52ヘルツのクジラの声は、高音すぎて仲間のクジラには聞こえない。だから、世界一孤独なクジラと呼ばれている・・・。かつてそう教えてくれた大切な人を失った三島貴湖は、祖母がかつて住んでいた、海を見下ろす高台の一軒家に住み始める。

突然の雨の中、倒れてしまった貴湖に傘を差し出してくれたのは、身体中にあざがあり実の母親にムシと呼ばれる、声の発せない少年だった。貴湖は少年に、父親の介護に身を捧げ母親に虐待されていた、かつての自分を重ねる。そして、自分を「キナコ」と呼び、絶望から救い上げてくれた岡田安吾こと「アンさん」を思い出す。

過去を悔やむことは人生で一度や二度ではないはず。本作でも、登場人物たちが多くの後悔をし、それに向き合う姿に、あなたは思わず自分を重ねるだろう。タイトルのクジラが“たち”という複数形であることに、エンドロールを観終わった後、じんわりと温かい気持ちが広がっていくのを感じた。


©2024「52ヘルツのクジラたち」製作委員会

DATA

3月1日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国公開中
監督:成島出
原作:町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社刊)
主題歌:「この長い旅の中で」Saucy Dog(A-Sketch)
出演:杉咲花 志尊淳 宮沢氷魚 小野花梨 桑名桃李 / 余貴美子 倍賞美津子
配給:ギャガ

心飛び出す興奮の連続が襲う
カモの家族の大冒険を見届けよ

『FLY!/フライ!』


©2023 UNIVERSAL STUDIOS. ALL Rights Reserved

『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントによる最新作。主人公は、渡り鳥なのに一度も池から出たことがないカモの一家。心配性な父のマックは、自作の物語で2羽の子どもに外の世界の怖さを植え付けて、好奇心を何とか抑え込もうとしている。

しかし、母のパムやトラブルメーカーのダンおじさんの説得によって、マックはいよいよ、初めての渡りを決意するのだ。住み慣れた場所を飛び出す恐怖以上に、飛び上がった大空の美しさや、想像したこともなかった雄大な景色に、カモの一家だけでなく、あなたも興奮の渦に巻き込まれるはず。

マックのように、大切であればあるほど、子どもに危ない目にはあってほしくないと願うのが親心というものだ。しかし、その先回りが子どもの可能性を奪ってはいないか? 渡り鳥たちの初めての旅に同行することで、狭まりがちだった視野が広がり、新たな気づきが得られるはずだ。


©2023 UNIVERSAL STUDIOS. ALL Rights Reserved

DATA

3月15日(金)より、全国公開
監督:バンジャマン・レネール
共同監督:ガイロ・ホムジー
製作:クリス・メレダンドリ
出演(日本語吹き替え版):堺雅人、麻生久美子、黒川想矢、池村碧彩、ヒコロヒー
配給:東宝東和


文:宮﨑千尋

FQ JAPAN VOL.70(2024年春号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  4. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード