注目キーワード

編集部からのお知らせ

豪華ゲストが登場!国内最大級フェムテックイベント 「Femtech Fes!」って?

2024年2月9日(金)〜11日(日)の3日間、世界中のフェムテックプロダクトやサービスの展示販売・体験イベント「Femtech Fes!(フェムテック・フェス)」が六本木アカデミーヒルズで開催される。その見どころをお届けしよう。

「Femtech Fes!」とは?


「フェムテック」とはFemale(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語で、「生理・月経」「妊活・妊よう性」「妊娠期・産後」「プレ更年期・更年期」など女性特有の健康課題をテクノロジーの力で解決するための製品・サービスを指す。
「Femtech Fes!」はまだ日本では言葉すら浸透していなかった2019年にスタートした国内最大級のフェムテックイベント。前回は、世界6地域33ヵ国から200ものプロダクト・サービスを展示し、3日間で約2,900名の来場を記録するなど大盛況を博した。イベントでは、一般の方はもちろん、医療ヘルスケア分野の方や教育機関、省庁まで、フェムテック市場に関わるすべてのステークホルダーが一堂に会し、さながら日本・アジアのフェムテック産業が凝縮されたような雰囲気で、熱気に包まれまれる。
第4回となる今回は、どんなアイテムやプログラムが組まれているのか?その見どころを紹介しよう。

3ステップでフェムテックを体験!
氷山をイメージしたキュレーションエリア


キーモチーフとなっている氷山をイメージし、「氷山の一角(=すでに誕生している選択肢)」「海面の下(=まだ見ぬあらたな選択肢)」を体感できる3つのテーマの体験を備えた会場をデザイン。

1つ目は「ワクワクする」。世界中から集められた最新のフェムテックアイテムを、トレンドキーワードと共に紹介。2つ目は、「見つめ直す」。モヤモヤや周囲の状況と向き合うような機会を想起する、気づきを与えてくれるモノや考え方との出会えるコーナー。3つ目は、「踏み出してみる」。家に帰る前になにか一つでもアクションを起こせるようなワークショップをご用意。いくつかのチェックポイントを達成すると、豪華プレゼントが10個以上詰まったギフトバッグをプレゼント!ギフトバックは先着順であるが、ギフトバックが無くなっても、素敵なプレゼントがもらえるため、時間を気にせず足を運んでみよう。

日本ではまだ購入できない
最新フェムテックアイテムを展示

世界から最新のフェムテックアイテムが集結。日本ではまだ見られない製品をいちはやくチェックできるチャンスだ。ここでは、編集部が注目した展示予定の3アイテムを紹介。

早産を検知するナプキン「Smart Pad」(Rea Diagnostics)


ナプキン(パッド)をつけるだけで、早産のリスクを検知してくれるアイテム。パッド内のマイクロチップが、早産の可能性がある際に分泌されるタンパク質を検出し、アプリで知らせてくれる。

目の不自由な方の生理をサポートするデバイス「Flowsense」(Flowsense)

使い捨ての試験紙を生理用ナプキンや下着に取り付けることで、デバイスがpH値を測定し、経血と膣分泌物を判別。使いやすい生理用品がなく他人にケアを頼るケースが多い視覚障害のある女性の不安感や衣服が汚れることへの恐怖感を軽減できる仕組みだ。

SNSで話題沸騰!トイレットペーパー型ナプキン「Pads on a Roll」(Egal Pads, Inc)


トイレの個室に設置して用いるロールタイプの生理ナプキン。学校や企業に採用されている高額な自動販売機が不要なため導入しやすく、年間コストもトイレットペーパーにかかる予算のわずか10%に。

有名女性タレント達による
トークセッションを開催

有名タレントをゲストに招き、フェムテックの様々な悩みをテーマにしたトークセッションを開催。

2月10日(土)は、モデルの結城アンナさんと、パラマウントベッド×クウネルによる「眠りから見つめなおす、更年期のセルフケア」。味の素 株式会社「LaboMe」とモデルの武智志穂さんは「人生の曲がり角で出会う、私のセルフケア」をテーマにセッション。

2月11日(日)は、俳優・モデルの高橋 愛さんと雑誌「GINGER」がコラボし、言葉にできないモヤモヤの解消法を語る。雑誌「Vivi」とモデルの藤井 サチさんによるセッションでは、生理をはじめとした女性特有の心身の健康課題について、読者のお悩みをもとに答えていく。

さらに、お笑い芸人のバービーさんや、ママインフルエンサーのpecoさんなど豪華ゲストのスペシャルトークも。

会場内には託児所を設置
FQ最新号も配布

今回からの試みとして子連れでも安心してイベントを楽しめるよう会場内に託児所が設置された。利用料金は、子ども1人につき、500円(税込)/60分。詳しい利用方法は専用ページから確認してみてほしい。
 

 
さらに、会場内では「FQ JAPAN BABY&KIDS」の最新号も配布。こちらもぜひチェックを!

DATA

「Femtech Fes!」
開催期間:2024年2月9日(金)〜11日(日)
開催場所:六本木アカデミーヒルズ
入場料:無料
主催:Femtech Fes! 実行委員会


文/FQ JAPAN編集部

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  4. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  5. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  6. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード