注目キーワード

おでかけ

“こどもを通して見る世界”は、どんな景色?

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)にて、5月31日(土)から8月31日(日)まで「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」が開催されている。

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)にて、5月31日(土)から8月31日(日)まで「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」が開催されている。
この企画展は、異なる文化の間、現実と想像の世界の間、大人と子供の狭間など、さまざまな境界を自由に行き来する子供の性質に注目し、子供の視点で世界を展望しようとする試み。世界各国のアーティスト26組の作品110点に表れる子供のイメージを通して、より多様な価値が共存する、新たな世界への可能性を探る。

一般向けの企画展ではあるものの、子供連れで美術館に訪れて、親子で美術に触れてみるのも良いだろう。
展示室内には、絵本や児童書を約250冊集め、自由に読むことができる「えほんのとしょかん」や、感想を書き込めるミニブックの配布など、子供も楽しめる企画が用意されている。

作品を見た後には、家族の繋がりの考え方も、もっと自由なものになるかもしれない。

入館料:一般1,500円、学生(高校・大学生)1,000円、子供(4歳-中学生)500円
前売り:一般1,200円、学生(高校・大学生)900円、子供(4歳-中学生)500円
10:00-22:00(火曜日のみ17:00まで)
会期中無休
※入館は閉館時間の30分前まで

■メイン画像■
ウォン・ソンウォン
《寝坊して》(「7歳の私」シリーズより)
2010年 タイプCプリント 86×120cm
Copyright MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.

関連記事

2014/04/23 | 編集部からのお知らせ

妻は自分にないスキルを持っている

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 手軽に無理なく始められる!子育て中におすすめの健康を保つ4つの方法

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード