注目キーワード

アイテム

カージャーナリストが語る! ニューノーマル時代に選ばれるファミリー向けSUVとは?

様々な変化が求められる、いま。クルマも新たに「リビングの延長やパーソナルスペースとして使える居心地のよさ」「あらゆる情報とつながる機能」「いざという時も頼りになる」という3つの価値が重視され始めている。

ニューノーマル時代の
クルマ選び TOYOTA RAV4

世界的な大ヒットが続くSUVの中でも、日本の道に大きすぎないサイズと、ゆったりとした室内、タフな走行性能を備えた『TOYOTA RAV4』は、アクティブなファミリーに最適な1台。

後席のスペースは天井が高く、大人がくつろげるのはもちろん、チャイルドシートを装着したり、子供の着替えなどのお世話も気兼ねなくできる。


ゆったりと足を伸ばせる広さと、疲れにくさを追求したシートで後席も快適。

2.5ℓのハイブリッド車と2.0ℓのガソリン車があり、世界初のシステムを含む3タイプの4WDを設定。オフロードから雪道、市街地まで頼もしく快適に走ってくれる。「行きたい場所へどこでも行ける」という心の余裕が、毎日を笑顔にしてくれそうだ。


荒れた道などでも、ダイヤルで「NORMAL」「MUD&SAND」「ROCK&DIRT」を選択するだけで、最適な制御を駆使して頼もしく走ってくれる。

さらに24時間365日、事故や急病時のサポートにとどまらず、専任のオペレーターがレストランや駐車場、医療機関を探してくれたり、愛車の状況をスマホで確認できるコネクテッドサービスも。ハイブリッドなら停電時に家庭の電源として使用も可能だ。この大きな安心感こそが、ニューノーマル時代の必須項目かもしれない。



DATA

TOYOTA RAV4

¥2,743,000~4,029,000(税込)

サイズ:W4,600~4,610×D1,855~1,865×H1,685~1,690mm
乗車人数:5人
燃費:15.2km/L~21.4km/L(WLTCモード)
問/トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター
TEL:0800-700-7700

ADVISOR

まるも亜希子(AKIKO MARUMO)


カーライフ・ジャーナリスト。20年以上に及ぶ国内外の取材を通じ、数々のメディアでクルマ情報を発信。一児のママでもあり、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務める。


写真:松尾夏樹
文:まるも亜希子

FQ JAPAN VOL.58(2021年春号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. 【参加者募集】料理研究家 コウケンテツ直伝! 親子お弁当づくり体験会
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード