■パパヂカラ

ストライダー特別座談会~子供の「転ぶ」を考える~

自転車×幼児体育×トイのそれぞれのプロフェッショナルが、ストライダーで得られる経験、そして「転ぶことの大切さ」を白熱トーク!

STR_01
2歳から乗ることができる大人気のランニングバイク、ストライダー。
このストライダーに乗ることで、「転んでもケガをしにくくなった」という声も挙がっているのだが、果たしてその真相は?
自転車×幼児体育×トイのそれぞれのプロフェッショナルが、ストライダーで得られる経験、そして「転ぶことの大切さ」を白熱トーク!

STR_01MTBダウンヒルナショナルチャンピオン 井手川 直樹 氏
MTBチームAKI FACTORY/STRIDER所属。4児の父。16歳でダウンヒル全日本選手権で優勝。MTBチーム監督兼ライダーとして活躍中。

STR_01亀谷幼児体育研究所主宰
東京YMCA社会体育保育専門学校講師 亀谷 正美 氏

スポーツ心理学、幼児体育が専門。主な著書には『からだを動かした子はここが違う』『幼児の体育遊び』他多数。

STR_01ストライダージャパン株式会社豆魚雷代表取締役 岡島 和嗣 氏
玩具の開発及びディストリビューション事業を行う。自身の子育てをきっかけとして、ストライダー日本総代理店としての事業をスタート。
 
 

2、3歳でたくさん転ぶと運動神経が良くなる!?

●亀谷 「“転び方”を授業で教えている小学校があるのをご存知ですか?」

●井手川 「転び方、ですか? それは驚きですね。」

●亀谷 「以前、保育士さんに“転びやすい子供が多く、転んでも手が出ず、顔や頭にケガをする子が増えているけどどうしたらいいでしょう?”という相談を受けました。」

●岡島 「ケガが多いのは、やはり運動能力の低下が原因でしょうか?」

●亀谷 「まさにその通りです。あとは、“転ぶ経験”の不足です。大人が子供に転ぶ経験をさせていないから、上手く転べないのは当たり前ですよね。
私は長年、幼児体育に関わってきた経験から、転んでも大きなケガをしないために、試しに子供たちを朝の20分間、園庭で思いきり遊ばせてみたんです。すると、1年後、約40%もケガが減少したんです。走り回らせた方がケガが減るという、非常に興味深い結果でした。」

●井手川 「40%はスゴイですね! 転ぶ経験の大切さは、僕も感じます。自転車教室などでたくさんの子供たちを見ていますが、転ぶ経験をしていなくて身体の使い方を知らない子は、足を横に出せずにそのままバタンと転んでしまい、危険だなと感じることが多いんです。
その点、ストライダー経験のあるお子さんは、すぐにわかりますね。ケガしない上手な転び方を身につけている。それに、体幹がしっかり出来ていて、バランス感覚が抜群にいいんですよ。」

●亀谷 「確かに、2歳から乗れるストライダーは、運動神経の発達にはもってこいです。バランスを中心とした運動神経は、5歳で80%に達するといわれていますので、2~3歳でたくさん転ぶ経験をした子ほど、運動能力が発達するということです。」

●岡島 ストライダーは、転ぶことを前提につくられています。転倒時のダメージが最小になるよう、ハンドルはロックせず一回りしますし、車高も低く低重心設計です。
なので、自転車と比較すると転んだ時の衝撃が圧倒的に少なく、安心して転ぶ経験ができます。そして、転ぶという失敗を経験するからこそ、乗りこなせたときの喜びも大きいんでしょうね。
ストライダーに乗れるようになった瞬間の子供の表情は、みんなとっても輝いています。親御さんたちも、あまり口出しはせず、子供に思いきり挑戦させている方々が多いですね。」

●亀谷 「経験の数だけ、子供たちは立ち上がる心の強さも身につけることができます。ストライダーカップでも、転んでも起き上がって、泣きながらも挑戦する姿をよく見ますね。」

●岡島 「親はコース内に入れませんし、スタッフも基本的に手は貸しません。それでも子供たちは、自らゴールを目指して立ち上がります。
しかしそれは、普通にできることではありません。日頃から転んでも立ち上がる経験をしているからこそ起こすことのできる行動なのでしょう。」

STR_07

 
親の役目は、安心して転べる環境を作ること

●亀谷 「身体を動かすために、運動神経は大脳から出された指令を筋肉へと運びます。行った運動は脳に伝え返され(フィードバック)、この繰り返しで運動神経は向上していきます。」

●井手川 「フィードバック経験が多いほど、運動神経が発達するということですよね。僕は小さい頃、どれだけ転んだか知れません。でも考えてみると、これだけ激しいダウンヒルコースを走っていながら、これまで一度も骨折した経験がないですね。」

●岡島 「さすがですね!」

●井手川 「でもそれも、子供の頃、心配しつつも成長を見守ってくれた親のお陰かなと。僕が教室で子供たちに自転車を教えているときに“うちの子はまだ無理です”と決めつける親御さんもいらっしゃって。」

●岡島 「親の決めつけは、子供が何かに挑戦したいという気持ちまで奪いますね。
でも、小さいお子さんを持つお父さんお母さんが、お子さんのケガを心配される気持ちはわかりますし、ストライダーの購入を迷われている方からも、“やらせてみたいけどケガが心配”という声はよく耳にします。その辺りは難しいところかなと思いますが、いかがでしょうか?」

●亀谷 「そうですね。でも、親の役目は、子供の限界を決めることではありません。安心して転べる環境をつくるのが役目です。いざというときには、手助けすればいいんです。」

●井手川 「環境づくり、まさにそうだと思います。転ばないように行動を制限するのではなく、転んでもケガを最小限に抑えるためにヘルメットやプロテクターを付けさせたり。」

●亀谷 「転ぶ経験をすることで、子供はたくさんのことを学びます。ストライダーで転ばせる体験をさせて、子供が持っている潜在能力をどんどん開花させていきたいですね。」

STR_09
ストライダー
¥10,900(税別)
遊ぶ時はヘルメットを装着し、公道では遊ばず安全な公園や敷地内で、保護者の目が届く範囲で遊ぼう。
重さ:3.0kg、対象年齢:2~5歳、体重制限:27kg、カラー:全7色(ブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、レッド、イエロー、ブラック)

【問い合わせ】
ストライダージャパン(豆魚雷)
03-5305-6895 www.strider.jp

 
Photo » HARUCHIKA KEIRA
Text » MIKAKO HIROSE

※FQ JAPAN VOL.37/FQ JAPAN DIGEST VOL.35(2015-16年冬号)より転載

関連記事

2013/10/01 | おでかけ, | ■ファッション

心と身体と技を磨くランニングバイク「ストライダー」

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 人気企画「キッズヘア・コレクション」をまとめてチェック! キッズヘア・カタログ
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. この発想はなかった! 子供の食事を劇的に変える商品3選
  5. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~
  6. 人気急上昇! インスタで話題の”カリスマパパ”たち
  7. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  8. 本番に強い子を育てる! 1日10分の父子メントレ術
  9. 妻に勧めたい! 妊娠中&産後ママのエクササイズ
  10. 窪塚洋介、第2子誕生を控え今、想うこと

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.43 / ¥500
2017年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.41 / ¥0
2017年6月1日発行

お詫びと訂正

ベビー&キッズEXPO