新連載 「BRITISH PAPA」 #1 パパの本当の役割

2014.12.26up
 

雇用法改革の一環で、2015年から男女共同育児休暇を導入予定の英国。今回から毎週金曜日、FQ JAPAN onlineの兄弟サイトであるFQ UKの人気記事をピックアップして紹介! 子育て先進国UKのパパたちが読んでいる記事から、日々の子育てのヒントが見つかるかも?

“私の父親は他の人にはマネできない、最高の贈り物をしてくれた。私を信じてくれたのだ”
――(ジム・バルバーノ:元米国バスケットコーチ、1993年死去)

01さああ

子供にとってパパが身体面、そして精神面でずっとそばにいてあげることは大切だ。しかし、「そばにいる」とは、そもそもどういったことをいうのだろうか。

幼少期、父親が「そばにいてくれた」ことなんて決してなかった。そんな内容を精神科医に話す人は多い。このような家庭は、現代社会においてもはや珍しいものではなく、むしろステレオタイプ化してきているといえる。”父親は「狩り」に出かけ、家にいない存在。つまり、父親は子供とうまく接することができない”という構図が、一般的に認知されてしまっており、多くの新米パパが、父親になるための準備が足りないと不安を覚えているそうだ。

しかし、ごくわずかの人が持っている古い父親のイメージなんて関係ない。両親が揃って子供のそばにいるということはとても大事なことなのだ。子供がぐずったりかんしゃくを起こしたりする際に、面倒を見るのは母親の仕事であるという認識は確かにある。しかしそれは誤りであり、心理学者によると、そうした考えが子供にダメージを与える可能性があるらしい。

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正