注目キーワード

時事・コラム

使えるモノはドンドン使う! 忙しいパパに重要な”柔軟性や積極性”とは?

2020年の子育てライフをハッピーにするためには、夫婦の協力体制が何よりも重要となる。そこでパパに求められるのは、「家事育児のクオリティ」。パパとして何を心がければよいのだろうか。

令和専用OSにアップデートして、
パパを楽しもう!

時代が令和に変わって、早くも半年が過ぎた。

どんな時代であっても父親が大切にすべきなのは、夫婦の協力体制を築くこと。「俺はこう思う」「こうして欲しい」ではなく、ママの笑顔を優先しよう。特に出産直後のママに掛かるストレスの大きさは、男性には決して想像がつかない。赤ちゃん期は可能な限り産休・育休を取得して、家族に寄り添いたい。

子育て環境は、時代とともに変化し多様化している。家事・育児の分担は、子育てファミリーの数だけあって良い。パパの方が仕事の融通が利くなら、保育園の送り迎えはパパがすれば良い。保育園からの緊急連絡先をパパにしておく、というケースだって最近よく聞く。料理はママに任せても、テーブルの準備と片付け、料理時間の子供の相手はパパの出番だ。

仕事が多忙なパパであれば「間接育児」に磨きをかけることをオススメする。つまりは家事や妻の心身ケアに注力すること。帰宅後に掃除や洗濯をして妻の家事の負担を軽くしたり、妻の話をゆっくり聞いたり、マッサージすることが、妻の心身的余裕をつくり、間接的ながら育児に参加していることになるからだ。

夫婦お互いの得意・不得意を尊重し、許し、協力し合いながら、家族全員が笑顔で暮らせる最適な分担……、それは夫婦のコミュニケーションで決まる。子育て中は“妻との対話を大切にする”ことを肝に命じておこう。

その時間もとれない、心に余裕がない、となれば、外食やレトルト食品、あるいは家事のアウトソーシングに頼ったっていい。時間対効果をしっかり見極めて行動することで、子供や妻と過ごす時間は格段に増えるだろう。そのために掃除ロボットや食洗機、ドラム式洗濯乾燥機など「使えるモノはドンドン使いこなす」……そうした柔軟性や積極性を身に付ければ、次世代パパに相応しいスキルが身に付くはずだ。


PROFILE

NPO法人ファザーリング・ジャパン
ファウンダー 安藤哲也氏


FQ JAPAN VOL.53(2019年冬号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 親子のソト遊びの新定番! 多機能フライングディスクがすごい
  4. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. 【体験レポート】ハンズフリーで脱ぎ履きできる?ナイキのテックシューズに新色が登場...
  9. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...
  10. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード